FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽を買うのはもっぱらiTunesからという近況ですが、久々にTSUTAYAのレンタルCDコーナーに行ってみました。
行ってみて驚いたのは、棚の一つがニコニコ仕様になっていたこと。ボカロCDや、歌ってみたCDなどがぎっしりと詰まっており、しかもかなりの枚数が貸出中。時代の流れを感じました。

ボカロの有名曲が商業CDになっているのは知ってましたが、まさかここまで人気とは。10代・20代の大半がニコ動ユーザーというのもうなづける浸透ぶりです。
この前行った同人ショップ『とらのあな』も、完全にニコ動ユーザー向けの店舗構成になっていました。ニコ動への半端ない風の吹きっぷりに愕然としました。

面白そうなので、有名Pっぽい方のCDを一枚借りて帰りました。



おそらく、

(A)ボカロを聞いてる層 → 何十万、何百万
(B)その中の10%強くらい? → ボカロ曲を作る
(C)その中の1~2%くらい? → 商業CDまでたどり着く(頂点層)


という人口分布になっており、A・B層がC層のCDを買ってくれることで、商業ボカロが成り立っているのではないか。また、C層が檜舞台で輝くことで、A・B層も憧れを持って精力的に活動できるのではないか。
競技人口がものすごく多い世界の典型的な構図で、そのクラスタだけで相互に支えあい、生態系が成り立っている状況なのではないかと感じました。



そして、創作の世界は、今後どこもこんな状況になっていくのではないかという気もしています。
今朝、Twitterでこんなことを書きました。

「スマホ用RPGツクール」みたいなやつは多分需要あると思うのですがどうでしょう。単純にiPhoneでフリゲーができたら楽しそうですし、うまく開発できれば新しいプラットフォームを開拓できるのでは。

大昔、ガラケー用のRPGツクールがありましたが、当時といまとだとかなり状況が違うので、むしろいまこそ出るべきなのではないかと。


それに対して、このような反応が。



HTML5で動くRPGツクールは、かなり夢がひろがりんぐですね~ また別の方からは…


これも非常にごもっともなご意見です。例えるなら『Dante98 for iPhone』のような、スマホ用のRPGツクールエミュがあれば、過去の資産を活用できます。
需要はあると思うので、なにかのキッカケになればと思い、簡単にですが一つの記事にまとめてみました。



(9/17 15:49追記)

TLで教えていただいたのですが、すでに開発中のがあったようです。





ただ、両方とも投稿が2年前ですね…
箇条書きでざっくりと。

・COMITIA101の新刊は無理でした。新規分はペーパーだけになります。すみません。既刊は同人王単行本です。
・8月(9月)と2月のCOMITIAは、仕事との兼ね合いで修羅場るので、以後は5月と11月の年2回制にした方が無難。

・前に「激辛のアレ(仮)」の予定に関して書きましたが、こちらも根本的に仕切り直しの情勢。すみません。
・そもそも、先に新規分を描いて、完全に終わらせてから過去分修正(単行本作業)でよい?
・完結の目標は、尺を決めるよりも、「2012年12月~2013年11月末まで一年間」など期間の方を決めてみる?
  ※「ナユタさん」がそのやり方でした

そしてCOMITIAまであと3日切ってる><
夏で家業が修羅場ってることと、電脳マヴォ用の同人王再仕上げが思ったより時間がかかるため、なかなか他のことができないでいます。
COMITIA101で激辛のアレを出すという話でしたが、これもちょっと無理でしたすみません><; 8ページ程度の新刊コピー誌は出したいのですが、まだ内容も決まってないという…

普段なら8月後半になればだいぶ暇になるのですが、今年は8月いっぱい修羅場ってる感じで、多少動けるようになるのは9月の後半くらいからでしょうか。体力にキャパがあんまりないので、休み休み作業していきます。
同人王単行本ですが、とらのあな様での委託販売が終了しました。それにともない、同人王本サイトの単行本情報を修正しました。

COMIC ZIN様では引き続き頒布中です。よろしくお願いいたします。先日秋葉原店によってみたところ、3階で見かけた記憶です。

 ~~~

↓の記事のアンケート企画ですが、今後のスケジュールを軽く組んでみたところ、少なくとも9月前半くらいまで立て込んでいて、やってる余裕がないことが判明しました。いったん休止させていただきます。お騒がせしてすみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。