FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同人王

すいません完成してませんがとりあえず6ぱげしました。

 ~~

VIPにWEB漫画スレがたって、同人王も紹介していただきました(もう落ちてしまいましたが)。その中で、「作者マジ頭おかしい」というようなことが書かれていたので、それに関してちょっと。

僕はよくイカレポンチのように言われるんですが、僕がイカれてるといっても、所詮パターンにはまった、ごくありふれた「変さ」であって、ニコニコで有名な長細Pのように、本当に人類が作ってるのかすら怪しいレベルの狂気、凄み、才能というものは特に感じられず、凡人だなァと常々思います。

世間様から見るとイカレポンチでも、創作畑においてはありふれたパンピーで、その事実に安心もしますが、反面、「創作には狂気が大切」という有名なアレを思い出すに、自分のボンクラぶりが残念でもあります。

そういう立場なので、「創作には狂気が必要」という言葉には、ちょっと反発を感じます。が、じつはあの言葉は、「イカレポンチでなければ傑作は描けない」という意味ではなく、「冷静になればなるほど漫画を描いてる場合じゃないこの世の中で、どれだけ現実を無視して、貴重な時間を創作に割けるか」という意味の、「チートやる気」という趣旨での「狂気」なのかもしれません。
というか、才能とか考え出してもキリがないので、そういう意味でとらえることにします。

 ~~

ワンパンマン

超話題作のワンパンマンをいまさら読んでみたのですが、すげー面白いっすねこれ。敵が全員相手にならないという、非常に話を作りづらそうな設定なのに、面白い話を量産しててすごい。話力に脱帽です。

 ~~

となりのなにげさん

今回作中にもちょっと出てますが、この4コマがヒジョーに面白萌えるので超オススメです。
なにげなくみんなを助けてくれる、謎の少女「なにげさん」が、みんなを助けたり助けられなかったりというお話で、ほのぼの面白く、時々ちょっと黒く、ギャグのキレもすばらしく、なにげさんも超かわいくと最高です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
お詫びにFA描きます。社交辞令ですけどwww。
「管理者のみ閲覧」に設定すると、自分ではコメント削除できなくなってしまうのですね。


> 凡人だなァと常々思います。
> 自分のボンクラぶりが残念でもあります。

いやぁ、牛帝先生は今でも十分、救いがないレベルのイカレポンチのド腐れチンポっすよっ!(´∀`)
その謙虚なところも、実力者っぽくてステキッ!、濡れてきちゃうっ

・・・・・・と、冗談はさておきますがw、まぁ、そういう風に考えられるってことは、良い傾向なんじゃないでしょうか。
私も実経験がないので本当のところは想像でしかないですが、本気で鍛えている人、強くなろうとしている人は、他者の力量・実力を理解し、素直に認めることが出来たり、己の分相応を知り、傲慢さを捨て努力することが出来る、ってことなんだと思います。
この手の「成長」は、目には見えないものですが、そういった物事の捉え方の一端を見ることで、自分が「その道」の流れの中にいるんだと、安心しても良いのではないでしょうか。

また、上手く喩えられないのですが、「ピカソの(一般人には分からない)芸術性を理解できるようになった」ようなモノではないでしょうか。
これまた変な例ですが、私らのような「どちら側かと言われればオタク」の人からすると、女装コスプレしたり、部屋が美少女キャラで埋め尽くされているのを見ると、「これがマジモンのヲタだ。自分達ではとても敵わない」と思うでしょう。しかし、パンピーからすれば、私らもガチヲタのその人達も「オタク」の一括りにしか見えない。つまり、違いが分かるというのは、「その道の人」である、ということなんです。
私のように「牛帝さんもイカレポンチですよ」と言えちゃうヤツは、違いの分からない一般ピーポーで、牛帝さんは「その道の人」ってことです。
重要なのは、誰しもがその道に巡りつけるわけではないということ。牛帝さんは、幸運にも創作畑における「その道」に立てたわけですから、「自分には才がある」と思っても良いのではないでしょうか。

まぁ、あとは、その道を自分の足で進んでいかなきゃいけないんですけどねん。


長くなったので、同人王感想は分けます。
2009/09/07(月) 10:08 | URL | ▲ #c7pQDuTU[ 編集]
> 同人王感想

首チョンパしながら漫画家の名を叫んでいるのを見ると、その漫画家の断末魔のようにも見えw、失礼だろ、もっとやれ!、と思います(ヾ(゚Д゚ )ォィォィ。

話のほうは、肉先生とタケオの今後の関係はどうなる?、真一の過去とは!?、と、読者の期待・関心が積み重なってきてるのが伝わってきますね。臆病者の私は、期待ハズレだった時の読者の暴徒化っぷりを想像してガクブルってますw。


少し気になるのは、ややメタフィクション的な部分にラップする要素の扱い方です。
クロミが「マイメロ」と発言するのを読んだ読者が「マイメロ出てきたwwww」と反応する感覚に、私は違和感を感じるんですよ。クロミについては、コメントレスやネトラジとかで、オリジナルであるアニメでの設定が漫画の劇中でも事実として生きていることに言及しているので、それを読んだり聴いたりしている読者や作者本人にとっては、さほど気にならないでしょうが、全ての読者がコメレスやねとらじまでチェックするような牛帝・780LOVEな変態さんではないのです。
例えば、メディアミックス展開をしているアニメで、脚本のお遊びとして、ラジオドラマ版のみの設定に言及した発言をさせる、みたいに、意図的にやるネタならアリかと思うのですが、牛帝さんの場合、狙ってやっているのか、無自覚・無意識なのか分からなくて、ここはどう解釈して笑ったらよいのか判断に困る場面がいくつもあります。
特に、同人誌や同人界の設定については、読者からの質問も多く、漫画の(劇中の)中で言及しておくべき内容ではないでしょうか。劇中の同人界隈では、新都社作品やねじ式が人気ジャンルであることや、100部刷っていくら、というのがリアルな数字だとか、ナレーションでも入れて解説してほしいところです。

総じて私が言いたいのは、あまり漫画の外の知識共有に頼るような話の構成はしないほうが良い、という事です。可能な限り漫画の中で、劇中の設定として完結できるよう描くべきです。コメレスやネトラジだけで説明したことを、漫画の中で読者との共有設定として使うべきではありません。そうでないと、オイラはマイメロ知ってるから面白いけれど、知らない人が読んだらコレ面白いのかね?、みたいなことになりかねないと思います。劇ナレいれたり、漫画の一コマ使って、アニメオリジナルの設定についてちょっと説明することで、読者全員が同じラインで面白いと感じることが出来ます。共有者だけが楽しめる優越感は減りますが、一般の商業誌で要求されるスキルを考えると、これはとても重要ではないでしょうか。少なくとも、私は牛帝さんの漫画を面白いと思うけれど、一般的な商業誌に載せてウケるかどうかは判断しかねる、みたいなことは、グッと減るかと思います。
2009/09/07(月) 11:17 | URL | ▲ #c7pQDuTU[ 編集]
▲さんのコメントが相手なら、覇王翔吼拳を使わざるを得ない。

私はマイメロ知らないので、クロミが原作でどういう立ち位置だったのかわかってないのですが。
ただ、今回の話で言うと真一の方が主役なんで、クロミの過去話はばっさり切って、2コマくらいで終わらせた方がまとまった気はしますね。
自分でやるより人を助ける方が好き」ってことと「勝ち負けなんかどうでもいい」ってこと、微妙にかみ合ってませんし。無理にクロミにその辺りを語らせるより、真一の過去話の方が説得力があります。クロミの過去話は一回やってることもあるし。

で、このタイミングで真一の過去を入れてきたのは、すごくいいですね。
一話でケイコちゃんを三次元女呼ばわりしていた頃を思えば、現状のタケオはこれなんてエロゲ、女連れ相手なら覇王翔吼拳でKOせざるを得ない。
エロゲじゃ良くいるじゃないですか、なんの理由もなくモテまくるヤツがNice boat。理由はただ1つ、「そういう設定だから」じゃやはりアカンのです。
読者の皆さんが改めてタケオを「……すごい漢だ」と思えるエピソードに期待しています。
期待ハズレだった時は……ま、大丈夫でしょう、うん。
2009/09/08(火) 00:44 | URL | 赤松弥太郎 #QMTP6bjo[ 編集]
▲さん

>お詫びにFA描きます。社交辞令ですけどwww。

「社交辞令」って日本語はよくわかりませんなぁ。ポルトガル語で話してくれないとわからない。というわけで30枚描いてください^^

>私のように「牛帝さんもイカレポンチですよ」と言えちゃうヤツは、違いの分からない一般ピーポーで、牛帝さんは「その道の人」ってことです。
>重要なのは、誰しもがその道に巡りつけるわけではないということ。牛帝さん
は、幸運にも創作畑における「その道」に立てたわけですから、「自分には才が
ある」と思っても良いのではないでしょうか。

ありがとうございます。でも、あんな文章書いておいてなんですが、冷静に考えてみると、現実的には作者の頭がおかしいのと、漫画が面白いのと、何か関係あるのかという気もしなくもないかも。
というのも、プロの漫画家さんとお話させていただく機会が何度かありましたが、僕よりよっぽど常識的な方がほとんどでしたし、僕よりはるかに面白い漫画を描くWEB漫画描きさんともいろいろお話させていただきましたが、皆さん常識人でした。

狂気型の作家さんは、何らかの要素で圧倒的な天才性を発揮することがありますが、反面、欠点があったりしてバランスが悪いことが多く、逆に常識的な作家さんは、狂気に圧倒されることは少ないものの、トータルでバランスよく優れていることが多い。
両者のどちらが漫画として面白いかというと、少なくとも僕は、

総合的な完成度 >>> 突出した天才性

な気がします。

>首チョンパしながら漫画家の名を叫んでいるのを見ると、その漫画家の断末魔のようにも見えw、失礼だろ、もっとやれ!、と思います(ヾ(゜Д゜)ォィォィ。

やっぱそうでしたかw

>少し気になるのは、ややメタフィクション的な部分にラップする要素の扱い方です。

難しいところですなぁ… 確かに説明入れればわかりやすくなるのですが、そうするといちいち解説が入ってしまって、テンポが悪くなったり、作品世界に没頭していたのが現実に引き戻されてしまったりすることが考えられます。かといって解説しないと、読んでる最中混乱してしまって、もっと作品世界から戻されてしまう気もしますし…

個人的に、同人王の「わからないネタ」は、むしろわからないこと前提なんですよ。わからなくてもなんとなく読めちゃって、わかれば一層面白い、みたいな。僕自身が、そもそも作品を100%理解してもらうことをあんまり期待してないというか…
もちろん、ストーリーの根幹部分が理解できないと困りますが、そこさえ抑えておけば、あとはなんとなく読めるので、詳細はわかってもわからなくてもいい。むしろ、わかる奴だけわかってくれと。

マイメロのくだりも、別にマイメロのことがわからなくても、そこは一瞬ハテナが浮かぶだけで、多分スルーして本筋に戻れるでしょうし、マイメロがわかれば一層面白くはなるけど、わからないならわからないでスルーでいいじゃん、みたいな感覚です。

でも、それが比較的本筋に関係ない設定や、一発ギャグならいいんですが、おっしゃるようにリアルにかかってくる話だと、知らない人に誤解を与えてしまう危険性があり、そこは考えなければいけませんね。
だからといってガチガチ現実でやってしまうと、面白くするのが難しいし、そもそも描くのが猛烈にめんどくさくなるので、とりあえず描きやすいように描き飛ばしたらああなってしまった、というのが実情に近いのかも。


赤松さん

>▲さんのコメントが相手なら、覇王翔吼拳を使わざるを得ない。

初代竜虎の拳がすきすぎて当時ネオジオを買ってしまった僕が通りますよ。

>ただ、今回の話で言うと真一の方が主役なんで、クロミの過去話はばっさり切って、2コマくらいで終わらせた方がまとまった気はしますね。

クロミのくだりはネーム段階ではかなりいい話になったような気がしてたのですが、実際描いてみたら案外インパクトがなかったので、確かになくてもいいよかったかも。

>エロゲじゃ良くいるじゃないですか、なんの理由もなくモテまくるヤツがNice
boat。理由はただ1つ、「そういう設定だから」じゃやはりアカンのです。読者の皆さんが改めてタケオを「……すごい漢だ」と思えるエピソードに期待して
います。

その辺のことも僕の中ではかなり考えてはいるんですが、現在行こうとしているプランだと、読者が離れて行きそうな気がして、だいぶ不安ですね。もう一つの案は比較的支持を得られそうなので、そっちにした方がいいのかなぁ…でもそれだとパンチが弱い気がするしなぁ…とかなり葛藤があります。
2009/09/09(水) 18:21 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。