FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『同人王』を単行本化する際、全500ページ級の同人誌を見たことがなかったので、どういう形態で出すか悩みました。あまりに厚い本は、通常の同人誌の方程式が通用しません。
最近は総集編同人誌も増えてきており、この手の同人誌の『標準形』もある程度見えてきました。手持ちのデータから『総集編同人誌の標準形』を探ってみます。



□ 総集編同人誌の『標準形』

知っている同人誌のデータをまとめてみました(クリックで拡大)。イベント価格は調査が難しいので、全てショップ委託価格で記載しています。

121202 総集編同人誌まとめ1

まず版型ですが、A5版の本がほとんどです。そこから外れているのは『ゼルベスティ』(B5版)と、拙作『同人王』(A6版)の2つのみ。これらをのぞき、A5版の本に限定し、厚さが極端な本も除外して、平均的な値を出してみました。

121202 総集編同人誌まとめ2

・版型:A5版
・ページ数:100~150P程度
・ショップ価格:1,000円強
・ページ単価:10円弱


このあたりが標準形と言ってよいのかもしれません。

このフォーマットにほぼ当てはまる本で実際に購入済みなのは『MD部長りるなちゃん総集編』ですが、実際に手にとってみると、本の雰囲気といい、値段といい、とても良いバランスでまとまっている印象を受けます。

標準形より若干ページが少ない70ページ程度の本は、A5版でももちろん良いのですが、B5版でも迫力があってステキです。『ゼルベスティ』の1巻は、大きな誌面を生かしたハイクオリティな画面が魅力的でした。



□ さらに分厚い本の場合

全250ページ程度までであれば上記の方程式でよいと思うのですが、それ以上の場合はこの標準形も当てはまりません。

基本的に、版型が小さく、本が厚いほどページ単価は安くできます。ですので、すごく小さくするか、あるいはすごく厚くして価格を抑えるか、もしくは価格に目をつむり、A5版150~200ページ程度の本で何冊にも分けるかという感じでしょうか。

全500ページ程度の『同人王』であれば、

・小さく → A6版・250ページの本・2冊(現行案)
・厚く  → A5版・500ページの本・1冊
・標準形 → A5版・170ページの本・3冊


あたりが選択肢として考えられます。どれを選ぶかは好みの問題かもしれません。



□ 印刷所に関して

印刷所は、所持している本では、

・ポプルス:3作品
・丸正インキ:2作品
・STARBOOKS:2作品
・大陽出版:1作品


となっています。
A5版で、標準形に近い本に限ると、

・丸正インキ:2作品
・ポプルス:1作品
・大陽出版:1作品


でしょうか。しかし、失礼ながら所持していない本の方が多いので、実際は全く異なる比率なのかもしれません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/02(日) 12:52 | | #[ 編集]
おおっ、ごぶさたしてます&情報ありがとうございます! たしかにその辺はけっこう重要なデータですので、ちょっと調べてみます。
2012/12/04(火) 09:29 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。