FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むかし、『絵を上手くする50の方法』という画力向上サイトをやっていました。閉鎖からけっこうたったので、ひとり反省会的な文を書いてみますw



□ 長所:お絵描きライフを強制的に変化させていた

絵が上手くなると聞けば、ありとあらゆることをやっていました。これが(唯一にして)最大の長所だった気がします。

当時の文章を読むと、色々やることの効果を感じてはいますが、まだ考えがまとまっておらず、様々な練習をするのが良いと結論づけています(『多種練習』)。

いまの考えで説明するなら、『変化』を起こすのが大事な気がします。変化することが大原則で、変化しないで成長するのは難しい。

絵50は、なにか思いつくたびにお絵描きライフを強制的に変化させていました。勢いまかせでやったことで、意識はしてませんでしたが。

また、絵がうまくなると聞けば、自分の考えと合わないことであっても実行しています。これも数少ない美点といえるかもしれませんw

ただ、根本的な思想が『変化し続ける』ことではなく、『変化していき、最適解を見つけたら止める』だったので、深いところで弱点を抱えていた気がします。



□ 短所

あんまり短所について書くとへこむので、ざっと書きますw

・(1)計画的に休む発想がなかった
・(2)常識がなかった
・(3)フィードバックが弱かった

などでしょうか。ただ、(1)(2)は長所と表裏一体だった気もします。

(3)に関してですが、『変化しつつも、お手本などからフィードバックをかけて軌道修正する』ことも大事だと思います。それが弱かった気がします。



□ 09年の練習サイト

絵50終了からしばらくたって、2009年にも絵の練習サイトをやっています。絵50に比べてキレがなく、効果も含めて平凡だった感じがします。

絵50の『様々な練習法をやる』仮説を実行したのですが、実際は、

・フィギュアのスケッチ
・写真の模写
・イラストの模写
・輪郭線で模写

の4種類をローテする形におちついていました。

解釈違いをしているというか、絵50の本質は、
『あるメソッドに集中して、お絵描きライフを強制的に大きく変化させる』
ことだと思うのですが、この時は4種類ローテで固定され、終始大きな変化はありませんでした。

上の項目の『フィードバックが弱い』も治っておらず、ペン一発描きで修正しないことも致命的な弱点でした。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
バイアグラのCMを見てたら同人王思い出した。www.youtube.com/watch?v=KShkhIXdf1Y
2012/11/01(木) 11:29 | URL | 名無しさん #cRy4jAvc[ 編集]
こ…これはwwwwwww 実写化するとこうなるんですね!! しかし外人侮りがたし…
2012/11/03(土) 08:07 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。