FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のCOMITIAに参加して、これから高確率で起こるだろうと感じたことは、

(1)COMITIAはますます発展する(マターリと)
(2)『総集編同人誌』はますます増える


の2点です。順に説明していきます。



□ COMITIAはますます発展する

WEB漫画界とCOMITIAは、ある意味両極端の性質で、比較してみるとそれぞれの特色がハッキリします。

 WEB漫画COMITIA
お金無料有料
流れ早い遅い
爆発力高い低い
未来読めない読み易い
作品形式連載読切
ページ数多い少ない
完結率低い高い
〆切ないある
地域格差ないある
残るものデータ紙の本

ザックリ書くと、WEB漫画はとにかく全てが早く、爆発力が強い。しかし地盤が不安定で、『波にのると異常に強い代わりに、劣勢に回ると極端に弱い』イメージです。COMITIAは逆に、爆発力が弱い代わりに安定感が半端なく、『波に乗っても爆発力は弱いが、鉄壁の安定感を誇る』印象です。

WEB漫画は3年後、いまより圧倒的に盛り上がってることも考えられますし、逆に『WEB漫画全盛期とはなんだったのか』というくらい何も残ってない状態も考えられます。対してCOMITIAは非常に安定感があり、じりじりと勢力を拡大しつつ、3年後もほとんど変わらない姿で存在している可能性が高い。

一発当てるとデカい代わりに、なくなる時も一瞬という世界と、ドカンと当てるのは不可能だけど、3~5年たっても変わらずにいい空気で続いている世界。長期スパンで見ると、後者が安定感をウリにシェアを伸ばすのではないかという気がしています。



長くなったので続きはまた後日…

120902 『COMITIA101』レポ4へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。