FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120519 COMIC1同人誌写真

GW中に2つの同人イベントに参加してました。レポや思ったことなど。



■ COMIC1☆6(2012年4月30日)

COMIC1初参加です(サークル参加)。雰囲気はコミケに酷似してますね。会場内を見る限り、ほとんどが男性向け版権モノで、規模を少し小さくしたコミケ3日目という感じ。

サークル参加数は3000弱くらいで、後述のCOMITIAより若干少ないんですが、参加者の数はCOMITIAよりだいぶ多い。通路を歩くことすら難しい人口密度はまさにコミケ。ただ後述するように、今回のCOMITIAは例外的に人が多かったのですが。

今回、友人のむらづきさんが寄稿と売り子を協力してくれて、大変助かりました。地元からも友人がわざわざ来てくれました。ありがたや。「えっ、この人が!」という来訪者もあって驚きましたw 

イベントが終わってみて、結果はまあいつもどおりレベルですが、オールジャンルの男性向けイベントで、一般創作ジャンルとしてはそこそこ健闘したのかもしれません。来て下さった皆様ありがとうございました。



■ COMITIA100(2012年5月5日)

5日後がCOMITIAで、一週間で二度ビッグサイトに行くことにw こっちは一般参加です。
COMITIAは「オリジナル作品オンリーの同人誌即売会」で、二次創作は禁止です。人気アニメやゲームの二次創作ばかりのイベントが多い中、かなり異質といえるでしょう。

節目の100回目だからか、今回は人が異常に多く、入場ルートもいつもと違う変則でした。4年くらい来てますが初めてです。人が多すぎるからか、どの売り子さんものきなみ疲れた顔をしていた気がします。

僕はイベントでもあまりお金を使わないタイプですが、今回はすごい散財してしまいました。しかしおかげで発見もあった感じです。

まずひとつは、創作ジャンルは「本の厚さ」と「読み応え」が直結しているなと。単純に分厚い本ほど読み応えがある。
雑誌とかでも、16ページの読み切りが50ページの読み切りより面白いことはほとんどないわけで、考えてみれば当たり前かもしれません。WEB漫画でも、ヒット作は基本的にページ多いですし。
ですからCOMITIAにおいては、好みの作風の厚い本(30ページ以上)を買っておけば、まず外れないんじゃないかと。

逆に描く側としては、ある程度作風が固まっていれば、あとはもう徹頭徹尾分量の問題になってくるので、たくさん描けるように画風や時間の使い方を工夫するべきだなと思いました。
しかし、ただでさえ安い価格帯で、大売れすることがないジャンルで、しかも膨大なページ数を描かなきゃいけないというのは、本当に創作ってのは儲からないジャンルですね(苦笑)

他には、WEB漫画描きの仲良しメンバーで作った合同誌がいくつか出ていて、いいなぁ感がw 自分はピンでやる系の人ですが、COMITIAの場合、仲良しグループでの参加の方がいろいろベターなのかもしれません。



■ おわりに

そんなこんなで両イベントとも楽しかったのですが、同時に、イベントにしばらく積極的に出てみて、まあもう十分楽しんだし、当分いいかな感もあります。WEBでやってるほうが性に合ってるというかw
同人王単行本が大量に残ってしまうのが難点ですが、実質出るたびに赤字なので、ショップ通販が終わったら、個人通販でちょっとづつ削ってくのがベストなのかも…(白目)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
死ぬまでに一度はお会いしたいでガンス

_(:3」∠)_ でも今日は寝る
2012/05/21(月) 23:02 | URL | 芋虫 #mQop/nM.[ 編集]
>死ぬまでに一度はお会いしたいでガンス

僕もですねー しかし現実世界の牛帝は、ただの態度悪いおっさんなので、あってもあまり面白いことはないかとw
2012/05/22(火) 10:06 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。