FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120406 2010年練習ノート

2010年ごろつけていた作画ノートを見返したところ、同人王終盤(7月ごろ)の制作体制が記録されていました。

※あらかじめシナリオはラストまで完成済み

■ 区切り

・1話:24ページ
・1回更新・8ページ

■ 一週間のスケジュール

・火~土曜:執筆(週5日)
・日・月曜:休み(週2日)

■ 一日のスケジュール

・1日2時間執筆(15:00~17:00)
・1日1ページ作画(ラフ~完成まで)

■ 更新関連

・8ページ更新したら気分転換に喫茶店に行き、反省や改善案を出す。
・1話分(24ページ)更新したら一週間休み。休憩しつつ次回のネーム(24ページ)


実際はなかなかこのとおりには行ってなかったようですが、それでも今よりはるかにキッチリ制作していて驚きました。

本気で同人王を終わらせるため、自分の限界をわきまえた上で、無理なく少しづつ原稿を進められるスケジュールを組んでいます。疲労がたまるタイミングでガス抜きもしている。
当時の自分の「なんとしても終わらせる」という固い意志、執念を感じます。

実際これはうまくいっていて、終盤はわりと安定更新できていたはずです。
同人王という安定基盤があったことが大きいのですが、この面では当時に戻すべきだと感じました。



同人王が安定更新できていたのは、恥ずかしながら、肉先生とのオフ会前後と、最後の方だけだったと思います。
この2つの時期の共通点は、
「あらかじめシナリオを(エピソードの)最後まで書いていた」
こと。オフ会の時はセクロスまで、コミケの時は決着までシナリオができていました(結末は変更しましたが)。

自分の場合、展開を考えながら絵を描くのがどうも苦手らしく、短時間でタスクを切り替えながら描いていくよりも、
「シナリオを作る期間」
「ネームを切る期間」
「作画する期間」
というように、フェーズが週単位で切り替わっていく方がやりやすいようです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。