FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WEB漫画の連載を完結させるのは、実はとても楽しいことです。
連載は楽しいですが、大変なことも多い。完結させることで、それらがすべて「過去のこと」になります。
学校なんかも、リアルタイムでは嫌でしょうがなくても、大人になればいい思い出。それに似て、連載中は投げたいくらいしんどくても、終わってみれば「あのころは楽しかった」と思い出します。
WEB漫画は商業誌とは異なり、作家のみの都合で、最高のタイミングで完結させることができます。作家としてとても幸せなことです。

とはいえ、いざ完結させるとなると、楽しみにしてくれてる読者さんをガッカリさせてしまうのではないかとか、次回作も人気出るとは限らないし、今の連載を続ける方がベターではないかとか、そんなこともチラつきます。自分もそう考えました。
それでも完結させてみたところ、読者さんたちは残念がりつつも喜んでくれました。しかし予想通りというか、次回作での注目度は大幅に落ちてしまいました。

それでも終わらせてよかったと思っています。ピンと来ないかもしれませんが、連載をキッチリ終わらせることは、ハッキリ言って快感です。「山を登り切った快感」とでも言いましょうか。
同人王は「続ける」ために描いてましたが、「終わらせる快感」を知ってしまったので、これからは「終わらせるために描きたい」と思っています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
未完結で終了してしまうのも多いweb漫画…

見ているが話としては綺麗に落ちが付いた方がすっきりします。寂しい気持ちもありますけどね。

自分ならきっと途中で投げ出しちゃうんだろうなぁ…
2011/10/03(月) 08:02 | URL | ニャッキ #mQop/nM.[ 編集]
>話としては綺麗に落ちが付いた方がすっきりします。寂しい気持ちもありますけどね。

最後まで描ききったWEB漫画は、心のなかの「名作棚」に収まることが多いような気がします。投げてもいい作品はいい作品ですけどね。
実生活の変化やら、プロへの挑戦やら、止める動機はいくらでもあるし、それらをスルーしてまでWEB漫画に打ち込むのは、むしろ少し変な気もするので、やっぱり完結できた作品は「幸運」だったのでしょうね。
2011/10/03(月) 08:10 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。