FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相撲が好きでよく見ます。
お相撲さんには、把瑠都のような大型力士もいれば、隆の山のような小兵力士もいます。相撲における体格差は、漫画における絵の上手い下手の差に似ていると感じました。

絵の上手い作家は大型力士に似ています。体格に恵まれているので基本的に有利。まっすぐ突っ込んでいけばそこそこ勝てるタイプです。
絵が下手な作家は小兵力士に似ています。体が小さいので、まともにぶつかったら大きな人には勝てません。

小兵力士でイメージしやすいのが舞の海さん。「何をしてくるか全く分からず、すばしっこい」ことを武器にしていました。

絵が下手な作家が目指すべき方向も似ていると感じます。「何をしてくるか分からず、フットワークが早い」ことが武器になるでしょう。
まず、まともにぶつかったら上手い人に勝てないから、(読者から見て)何をしてくるか読めないことが重要。それでいてフットワークが早ければ、強力な武器になると信じています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。