FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕が小学生のころ「ドラゴンクエスト4コママンガ劇場」が発売され、ゲーム4コマがブームになりました。本家「4コママンガ劇場」の他に、「4コマまんが王国」シリーズもありましたし、ファミコン4コマ専門誌という超ニッチな雑誌まで出てました。それを小学生が嬉々として買っていく今思えば若干シュールな世界w
僕も熱狂していて、ブーム初期に出た本はほぼ全部持っていました。自分でもチラシの裏にマリオの4コマを描いたりしてましたね(遠い目)。

4コマ本を一冊買うと、2~3人くらいインパクトの大きな作家さんがいました。多くは以下の2タイプです。


(1)絵がかわいい作家

すごくかわいくて魅力的な絵を描く作家。ギャグそのものはおとなしめ。
  (例)夜麻みゆき 佐々木亮 桜瀬琥姫 ※敬称略


(2)超個性派作家

絵もギャグも超独特な作家。たいていアンソロ中で一番面白い。
  (例)柴田亜美 衛藤ヒロユキ 小林真文 G=ヒコロウ ※敬称略


絵もギャグも器用なバランスタイプは、素直に楽しめる反面、記憶への刻まれ方ではこれらの作家にかなわなかった印象です。






いま見ると衛藤ミネアかわいいw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
うおおお懐かしいですね、自分もドラクエ4コマにはまってたクチですよ。

衛藤先生の漫画、今読んでもおもしろいですね。動画には無かったですけど、勇者の「ふんどし!」が大好きでした~
2011/01/16(日) 11:27 | URL | ロドみ #-[ 編集]
お久しぶりです。
ゲームも知らんのにゼルダ四コマを買って無ければ、漫画は描いてませんでしたね…。
ぼくは牧野博幸先生の可愛い絵なのにえげつないネタが好きでしたね。
きりえれいこさんは今見ると独特のシュールさがあったり、中井一輝先生のインパクト
池野カエル先生のいたずらもぐら愛等々、懐かしく思います。
しかし田村きいろ→田辺イエロウには驚きました…。
2011/01/16(日) 14:38 | URL | 大矢 #WzwN2DqA[ 編集]
ロドみ先生

>うおおお懐かしいですね、自分もドラクエ4コマにはまってたクチですよ。

ロドみ先生もですか! いまの20代中盤以降の原体験なのかもw

>衛藤先生の漫画、今読んでもおもしろいですね。動画には無かったですけど、勇者の「ふんどし!」が大好きでした~

個人的には、「ふんどし!」が衛藤先生をスターダムにのし上げた起爆剤だった気がしますw あと当時はすげぇ不評でしたが、いま見るとむしろ初期の劇画調の変な絵のほうが萌える気がしますねw


>大矢先生

ごぶさたしてます~

>ゲームも知らんのにゼルダ四コマを買って無ければ、漫画は描いてませんでしたね…。
 ぼくは牧野博幸先生の可愛い絵なのにえげつないネタが好きでしたね。

ゼルダ4コマは牧野先生無双でしたねw 当時から絵がうまくて面白い印象でしたが、いま見ても本当に巧いしギャグのキレも天才的。何気に一番技術と底力があった先生な気すらします。

>きりえれいこさんは今見ると独特のシュールさがあったり、中井一輝先生のインパクト
 池野カエル先生のいたずらもぐら愛等々、懐かしく思います。

先ほどググッてみたら、きりえれいこ先生が手塚先生のアシ出身という話でビックリし、タイジャンホクト先生が女性と聞いてまたビックリし、中井一輝先生がアニメーターになってたと聞いて3度ビックリしましたw

>しかし田村きいろ→田辺イエロウには驚きました…。

あんまり驚いたので調べてみましたが、確証になるソースはないんですね。下の動画で田村きいろ先生の漫画を久々に見返しましたが、作風が違いすぎるので、さすがに名前が似てるけど別人なのでは……という気も。でも同一人物だったら濡れますね!

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm755743
2011/01/16(日) 18:52 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。