FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ コーヒーまとめ

これまで飲んできたコーヒーの種類と、大まかなまとめを書いてみます。
お手軽 → 本格派 の並びです。



>出来合いのコーヒー

缶やペットボトルなどに入っている出来合いのコーヒーです。どこでも買えてすぐに飲めるのが魅力。ただ地味に高いので、毎日飲むなら下のどれかにした方が安くすむでしょう。

>インスタントコーヒー

顆粒にお湯を注ぐだけでできるお手軽コーヒーです。おすすめは「ネスカフェゴールドブレンド」。

>ドリップパック式コーヒー

袋の中に挽かれたコーヒー豆がセットされていて、お湯を注ぐだけでコーヒーができる製品です。缶コーヒーやインスタントでは不満だけど、本格的にやるほどでもないという方にベスト。「モンカフェ」がおすすめです。

>大手コーヒーメーカーのコーヒー豆

大手コーヒーメーカーが作っているコーヒー豆です。普通のスーパーでも買えて入手しやすく、値段もドリップパックより安いです。個人的に「キーコーヒー」の製品が好印象。

>喫茶店のコーヒー豆

喫茶店でもコーヒー豆を買うことができます。街の小さな喫茶店から大手チェーンまでいろいろ。理由はよく分かりませんが、豆を挽いてもらうと細かく挽かれます。

>コーヒー豆屋のコーヒー豆

コーヒー豆専門店で売っているコーヒー豆です。味は一番いいですが、値段も一番高く、本格的にやりたい方向け。店によって個性があるので、いろいろな店に行ってみるのも楽しいでしょう。

>ネットのコーヒー豆通販

自分は未体験です。いっぱい飲む方や、コーヒーミルを持っている方、近くに豆屋がない方などに向いていると思われます。



■ おいしさ

上の項の並びは「手軽さ」順ですが、「美味しさ」もだいたいこの並びになります(下に行くほど美味しい)。ただし製品によって当たり外れがあるため、多少前後することもあります。
どちらかというと販売形態よりは「値段」の方が直接味に響く印象もあります。安いコーヒー豆より高級ドリップパックのモンカフェのほうが美味しいと自分は思いました。



■ まずい豆も飲んでるうちに慣れる

中には「ハズレ豆」もあります。しかし飲んでいるうちに慣れてきて、飲み終わる頃には「むしろ美味しいんじゃない…?」と思ったりもします。まずい豆は使い切った時に達成感があるので、ある意味精神的には一番おいしいかもしれませんw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。