FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かの藤田和日郎先生がコミッカーズ誌上で、
「美少女を描いても、その美少女が死ぬほどの苦労をして泣いているところだったら、その美少女から鼻水出ててもいいわけですよ」
と言っていました。
おもに漫画の演出面に関しての発言ですが、「萌え」に関してもけっこう重要な示唆を含んでいる気がしました。

男性が「かわいい女の子」を描くと、理想化されすぎ、「きれいな女の子」になりすぎる傾向があります。
いわば、
「泣いても鼻水が出ないヒロイン」
「トイレに行かないヒロイン」
ですね。
男性としてはこれで全く不都合ないし、むしろ引っかかる点がないので素直に萌えられるのですが、こういうヒロインは女性からすると魅力が感じられないし、場合によってはむしろ不快感を与えることさえある気がします。

性別を反転してみると多少理解できる気がします。女性が「かっこいい男性」を描くと、だいたい女性目線で理想化されすぎて、男性としては、
「男ってのはもっとバカで汚いもんスよ」
と言いたくなります。女性が「男性にとっての理想の女の子」を見た時も同じように、
「女ってそんなキレイなもんじゃないですよ」
みたいなことを感じるんじゃないでしょうか。

男性作家が、「かわいくて、かつ女性にも不快感を与えにくい」ヒロインを描きたいのなら、「鼻水を流させる」のが有効な気がします。汎用的にいえば「マイナスポイントもちょっと入れる」ですね。
マイナスポイントをいくつも入れれば親しみがもてますが、男性からすると萌え度が下がってしまうため、さじ加減が難しいところです。
「トイレにすら行かないような完璧な美少女だけど、ひとりでボーッとしてる時はハナクソをほじってる」
くらいが自分の中では基準ですが、これだとちょっと萌え系ヒロインとして成立しないかもですね。やはり「泣くときに鼻水出てる」くらいが適正値な気がします。

女性作家が「かわいい女の子」を描くと、マイナスポイントを入れず、かつ女性にも全く不快感を与えないキャラクターを見事に創りだすのですが(例:木之本さくら)、それは多分、女性の感性を熟知している女性だからことできることで、男性作家には難しい気がします。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
個人的には鼻水よりもう少し低いハードルとして鼻血がおすすめです。興奮すると鼻血でちゃって赤面するヒロインとか萌えちゃいます。顔面殴られて鼻血ダラダラでも戦う女キャラとかもいいですね
2010/11/19(金) 19:58 | URL | 甘党 #JuNzg3q6[ 編集]
個人的にはかわいい女の子が吐瀉物をぶちまけているのが最高ですね…
あんなかわいい女の子からあんな汚いものが…!みたいな

世の中の萌え漫画のキャラたちは、もっと鼻水や涎をたらし、糞尿をもらし、ゲロをぶちまけるべきだと思います
2010/11/19(金) 23:45 | URL | オムあんこ #-[ 編集]
甘党さん

鼻血いいですね! 鼻水よりは萌え度が高くてそれでいて親しみが出てくるというか…… 個人的にマイベスト鼻血は、無敵看板娘の確か1巻で、でビンタを食らった美輝が鼻血を出しながらにっこりしてるシーンです(`・ω・´)


オムあんこさん

吐瀉物も無敵看板娘の主人公、鬼丸美輝がやってましたね。しかもアニメ版では第一話と最終話で吐いてました。
あんなにかわいいのに鼻血は出すわ吐瀉物はぶちまけるわ、僕らの価値基準からすると鬼丸美輝が最萌ヒロインで決定。
2010/11/21(日) 14:50 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。