FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ 異端タイプの葛藤 ◆

※メモ書きなので箇条書きです。



■ 序論:「異端タイプ」の特性

>得意な作品だと売れない。しかし売れ筋の作品を描くとさらに売れない。

・自分は異端な作品では才能を発揮するが、それは商業ルートに収まらない。逆に商業ルートに収まるもの、売れ筋のものを描こうとすると、腰砕けになってしまう。

・自分の感性にマッチした「異端の世界」では才能を発揮できるが、ちゃんと売りものになる作品を描こうとするととたんに腰砕けになるし、実際売れない。それが今回とりあげる「異端タイプ」。



■ 本論1:「異端タイプ」が抱える葛藤

>売れ筋の道を行くと死ぬ。力を発揮できる異端の道でも採算が取れずに死ぬ。

・独自路線をひた走ると異端タイプは輝く。しかし採算が取れない。そこで選択を迫られる。
 「このまま儲からない漫画を描き続けるか、それとも売れ筋の漫画を描くか」
 しかし、結論からいえばどちらも地獄行き。

・戦略ベースだと、戦略にあった最大公約数的な作品を描かざるをえない。しかしタイプ的にも技術力的にも戦略から導き出した「最大公約数的作品」を描くのには向いてない。

・頭で考える戦略ベースは一見すごく正しい道に見えるが、死角に地雷が存在する。

・戦略に最適化した「最大公約数的作品」を描くということは、異端タイプにおいては「質」を捨てることに直結している。片腕を縛ってボクシングをするようなことになる。

・異端タイプは才能を発揮できる分野がごく限られている。しかし多くの場合、才能が発揮できる分野では全く採算が取れない。採算の取りやすいものを描こうとすると、今度は全くといっていいほど才能を発揮できない。

・独自路線のものを描こうと、売れ筋のものを描こうと、どっちみち採算が取れない。それゆえ苦労してるのにまったく報われない。

・「独自ルート」と「売れ筋ルート」の二つの道があり、どちらの道も地獄行きが定められている。極論すれば、漫画で採算をとろうと考えた時点で地獄行きの運命。

・ひとつだけベストな道がある。趣味でやること。採算度外視で趣味でやる分には異端タイプは適性がある。趣味に徹して描いている異端作家は独自の魅力で輝ける。一定の評価も得やすく、居心地よくすごすことができる。

・プロ志望がプロを諦めるのは負けのようだが、すくなくとも異端タイプにおいてはリスクとベネフィットを見極めた合理的な選択といえる。

・しかし、それでもそれでも採算ルートを目指すのならば……… 成功体験がないので推論だが、「結論」の項で考察する。



■ 本論2:人生論に拡張すると……

>描くのも自殺行為。描かないのも自殺行為。実人生には「趣味に徹する」という逃げ道もない。

・この話を「漫画内の話題」から「人生全般」に拡張すると恐ろしいことになる。採算の取れそうな普通の仕事は難しい。しかし力を発揮できる漫画でも採算は取れない。採算ルートも異端ルートも地獄行きの場合。

・「採算ルート」(普通の仕事)に進むのは片腕を縛ってボクシングをするようなもの。しかし「異端ルート」(漫画)を採算分岐点に載せるのも非常に難しい。どちらも自殺に近く見える場合。

・漫画なら趣味に徹するという抜け道がある。だが実人生では「趣味に徹する」という選択肢は存在しない。

・「奇跡待ち」に全人生をかけるくらいなら、一方的にボコられるような状態であっても、普通の仕事を目指すほうがマシではないか。しかし、実際問題として普通の仕事はいろいろ難しい。

・異端作家が採算の取りやすそうな漫画を描くのは「論理的には正しいが実質自殺」と言える。実人生の場合はどうなのか。同じように安定志向は「論理的に正しい自殺」でしかないのだろうか。

・ダメな漫画描きがプロを目指した場合、必ずこの答えのない問いを突きつけられることになる。



■ 結論:異端タイプがそれでも採算ルートを目指すなら?(推論)

>異端な作品を描き続けながら超成長するしかない。

・再び漫画の話題に戻る。

・異端タイプが漫画を採算ルートに載せたいのならば、
 「独自の漫画を描き続けながら超成長し、異端でいながら高い商業性も兼ね備えた水準にレベルアップする」
 しかない。

・異端タイプの取るべき道は2つ。
 「超成長する or 趣味に徹する」

・安易な道に進んで力が出せないよりかは、報われなくても、時間の無駄にしか思えなくても、力を発揮できるところで踏ん張り続ける方がまだマシではないのか。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
私も成功体験なんぞありませんが、
同じような結論に至りました。
異端だと結局、洗練された異端になるしかないんですよね。
普通にやってたら自分筋:受け筋=10:0で、
これを100:10くらいにするしかない。
でもそこまで行くと自分筋も相乗効果になって、
きっと楽になるんではないかと希望もって頑張ってます。
2010/11/13(土) 11:38 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
異端タイプを採算を取れるレベルにまで洗練させるとなると、
それはそれはものすごく大変ですが、逆にそこまで洗練させて
しまえれば、他の作家にはない強烈な個性がありますので、
「テクニックはあるけど個性は薄い」ような正統派タイプよりも、
むしろ楽に戦えるのかもですね。
2010/11/16(火) 13:59 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
他にはない付加価値が異端タイプには必要ですよね。
そこで突出する以外に勝機はないのかな
牛帝さんの考え方は好きですし参考になります。
2010/11/19(金) 15:27 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
「オール4」がタイプ的に無理なので、とりあえず「5点満点」を武器にするしかない感じですね。ただそれだけだと通じないので、ほかのも「3」くらいは引き上げる感じといいますか。
お褒めのお言葉ありがとうございます。
2010/11/19(金) 19:56 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
今の自分が、ほとんど当てはまっていることですよ、この記事は……
しかも自分の場合、異端だけどブッチギリの異端でないというか、中途半端な異端だから、中道、邪道、どちらからもハブられるという……
2012/04/08(日) 22:18 | URL | ハム太 #-[ 編集]
この記事の内容はほとんど忘れていて、いま読み返してみて、いろいろ思うところがあったといいますか…w いまでも同じような葛藤はありますね。

>しかも自分の場合、異端だけどブッチギリの異端でないというか、中途半端な異端だから、中道、邪道、どちらからもハブられるという……

どっちかに徹するしかない場合、それはそれで道を定めやすいところはあるんですが、どちらかに徹することができない場合、さらに別の葛藤があるんですよね…
しかし王道にしろ、邪道にしろ、中間にしろ、もっとも間違いがないであろう答えは、
「技術とエンターテインメント性を高めて、『その道もアリだな!』と言わせる」
なのですよね。お互いがんばって精進ですにゃー
2012/04/10(火) 12:37 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。