FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもやマンガと関係のない雑談ですみません。再び自転車の話と、あといろいろです。

~~~

「自転車修理」

自転車(ママチャリ)のチェーンに給油しようとしたものの上手く行かず、逆に、よくわからないまま、チェーンカバーとフレームを固定する金具をはずしてぶっ壊してしまいました。近所の自転車屋さんで直してもらうことに。というか、予約の電話入れた後にそれは自力で直したのですが、ただキャンセルするのも悪いし、給油の仕方も教わりたかったので、結局注油してもらいに行きました。
親切な自転車屋さんで、注油のほかにも、ねじ締めや、ブレーキの交換・調整なども安い値段でやってくれて、わが家のママチャリ(97年購入)もすっかりリフレッシュ。また、僕がやったブレーキの修理はメチャメチャなものだったとわかりました。アルミのホイールなのにスチール用の使ってたくさいし。

以前書いたクロスバイク購入計画、いまだに迷っているのですが、今回一つ悟りました。自転車の修理ってのは、一見簡単そうですが、実際はズブの素人の手に負えるものではない。自転車に詳しい友人とかいるならともかく、僕の場合、プロのショップにメンテをしてもらうか、あるいはメンテ方法を教わることが絶対必要で、それを考えると、アマゾンやホームセンターではなく、多少割高でも、近所の自転車屋さんで買った方がいいっぽいです。ましてや、ママチャリより数段デリケートな代物ですし。

~~~

「青空文庫」

Sおじさんの介護で、病院に5時間、計6時間拘束。病院であんまりヒマなので、iPod touchに入れたものの、放置っていた青空文庫ビューワ「sky book」をやるせなく立ち上げ、夏目漱石の「三四郎」を読んでみたところ、メチャメチャ面白い! あんまり面白かったので、帰宅後もいろいろ古典文学を読んでみたのですが、どれも超面白い。漫画より面白いくらいです。

青空文庫は、なにか書式が独特で読みづらいし、テキストデータでクソ長いのを読む気にもなれず、コンセプトはいいけど使う気には・・・といった感じでしたが、パソコンやiPhone用に青空文庫専門ビューワーがでていて、クオリティの高いビューワーを使うと読みやすいです。
(※iPhoneから電話機能を抜いたのがiPod touchで、アプリはiPhoneでもiPod touchでも使えます。)

さらに先日、ふとしたことから「iPhone用の青空文庫アプリで最強なのは「i文庫」」という情報を得て、DLしてみました。厳選された名作151本が内蔵されていたり、青空文庫の全ファイル7000本を一括ダウンロードできたり、自分で用意したテキストデータを読めたりとふるっていて、確かに最強。特に、自前で用意したテキストを読み込めるのが面白く、好きなブログを入れたり、1日それで遊んでました。

「i文庫」は人気作品ランキング機能も実装しているのですが、小林多喜二の「蟹工船」がランキング一位でした。マルクスの資本論が売れてるとか、共産党入党者が増えてるってのも本当なのかもですねぇ・・・・・・

~~~

「ポストイット手帳術」

西村 晃式 時間のムダを省く「ポスト・イット」情報整理術

図書館で借りた、人生を変える手帳術という本に、このやり方が載っていました。面白そうなので早速実行してみたところ、雑用が面白いほど片付いていきます。
元来ずぼらな僕は、雑用・・・たとえば洗車なんかも、「これアウトじゃね?」ってくらい汚れて、さらに2週間くらいたたないとはじめられなかったんですが、この手帳術をはじめてからは、ビックリするくらい簡単にテキパキ動けます。オススメの手帳術です。

ちなみに西村さんは、NHKに務めてらしたそうです。NHKの映像編集は、ポストイットを使って、いろいろ順番を変えたりしながら作っていくらしく、それがこの手帳術の由来とのこと。

~~~

「浄水器」

BRITA Maxtra リクエリ COOL 1.1L

ポット型の浄水器です。評判いいので買ってみたら、本当に水が美味しくなってビックリ。ただの水道水なのに、下手なミネラルウォーターより美味しいくらいです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
牛帝さんが好きそうというか、同人王臭のする文学を二つ・・・

川端康成の伊豆の踊り子。
司馬遼太郎の果心居士の幻術に入っている牛黄加持。

どちらも短編なんで、さらっと読めると思います。
2009/05/15(金) 00:50 | URL | ∩(・ω・ )∩ #-[ 編集]
∩(・ω・ )∩さん

伊豆の踊り子は確か、荒木先生が表紙描いて売れてたやつですよね。それもあって、同人王臭がするということでかなり気になりますけど、残念ながら青空文庫にはないっすね。とりあえず図書館をあたってみます。短編だと気軽に読めて素敵です。
2009/05/16(土) 17:24 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kktms.blog96.fc2.com/tb.php/19-0d1de8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。