FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリエイターズカフェ 秋葉原制作所

ちょっと前に、「クリエイターズカフェ 秋葉原制作所」というところが、ネットで話題になりました。秋葉原にあるレンタルの「漫画オフィス」で、机やコピック、コピー機などが備え付けられていて、1時間いくらで漫画が描ける…とか。

最近になって、ここのホームページを見てみたところ、備え付けのコピー機に関して、

「読み取りトレイに表紙からページ順に原稿をセットすれば、面付け+中折り+中綴じホチキスまで、機械が自動的に行ってくれます」

…との記述が。

……これってもしかして、コピーだけじゃなくて、製本まで自動で行ってくれるってこと? いやでも、そんなハイテクなコピー機があるわけがないだろう常考…

というわけで、実際に確認してきました。

秋葉原駅から中央通りに出て、北(上野)方向に向かい、2~3本左の裏通り。末広町駅の近くに、秋葉原制作所はありました。ビルの窓にでっかく「クリエイターズカフェ 秋葉原制作所」と書いてあり、通りに看板も出てるので、すぐ分かりました。

営業開始直後の、11時15分くらいに到着。とりあえずの様子見なので、最短の1時間コースをチョイス(500円)。

店内を見回すと、机がいくつも並んでいます。
机には、パソコンのあるものとないものがあり、アナログ・デジタル両方に対応できる模様。二人用の机までありました。
すでに奥の方の机で、20代くらいの男性が黙々と描いていました。僕が帰るまでに、もう一人男性が来ました。
交換ノートには達者な絵と共に、「8回目です」「はかどるので助かります」というような記述が。リピーターも少なくないのかもしれません。

机のレンタルが1時間500円。3時間で1200円。さらに、有料だったり無料だったりで、定規やコピックなどの画材を貸してくれるようです。
飲み物はフリードリンク制で、ジュース等が飲み放題。
休憩室もあり、「人描く本」などの作画技法書や、ワンピースの単行本が置いてありました。

大体の様子はわかったので、いよいよコピー機を試すことに。製本できる機種は、係のおねえさんが操作する形でした(全機種そうかも?)。
1ページ目から順に、原稿を重ねてセット。本当は、表2にあたる位置に白紙を挟んだり、多少工夫がいるんですが、今回はテストなので、落書きを8枚テキトーにセットしました。
あとはお姉さんがチョチョイと操作すると、見事に全自動でコピー誌が完成。まさかとは思いましたが、本当に製本まで自動でやってくれました。しかも、製本代はタダ。コピー代だけで製本までやってくれます

あまりに便利で、これは、コピー誌の概念を根本的に変えるのでは…? とすら思いました。「お手軽だけどちょい面倒」…というのがコピー誌ですが、その「面倒」がなくなりましたから…

SANY0496a.jpg

画質は結構綺麗です。セブンイレブンのコピー機とどっこいどっこいくらい…?と、個人的には思いました。両面印刷です。
(印刷内容が変なのは気にしないでください)

SANY0498a.jpg

製本形式は「中とじ」(わかりづらいですが写真参照)で、他の形式は選択できないと言ってました。
(一面印刷されてないのはこちらのミスです)

値段は、お姉さんの試算では、表紙カラーの12P本で120円と言っていたと記憶しています。たしか、表紙・裏表紙のカラー面が50円、モノクロが7面分で70円だったかと。
僕の場合、モノクロ全8Pで、1部40円でした。

鉛筆画もコピーしてみたのですが、これは上手くでませんでした。設定を工夫すればでるのかもしれませんが、ペン入れした方が無難だとおもいます。

エロい内容を刷る場合、係の人がお姉さんというのがちょい気がかりですが、コピー機の構造上、お姉さんから原稿が見えにくい形でセット&印刷されますので、比較的大丈夫…なのか?

そんな感じで、非常に面白い場だと感じました。絵描き・漫画描きなら、ためしにのぞいてみるのも面白いと思います。
ただ、平日の昼間ですら普通にお客さんがいるので、コミケ前とかは、もしかしたら混みすぎててコピー機が使えないかもわかりません。余裕をもった印刷スケジュールを!(優等生的発言)



■ おまけ

久々に牛丼のサンボで食べました。
牛丼の並を頼んだところ、溢れかえらんばかりの肉の量に驚きました。味も記憶してるより美味い。
ご無沙汰していた2年くらいの間に、サンボがパワーアップしたのか、それとも、他の大手牛丼屋が劣化したので、相対的にサンボがすごくなったのか…
ともかく、サンボ見直しましたw さすが名店。



■ おまけ2

神田アクアハウス 江戸遊

お茶の水にある、都心型のスーパー銭湯です。ゆっくりできてオススメ。
東京を一日強行軍して、帰るのかったりーなーというときに一風呂浴びると、リフレッシュできます。



■ 追記

秋葉原制作所 コピー誌印刷レポ

実際に同人誌印刷してみました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。