FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近完全に目標を見失ってる生活でいかんす。
しかし迷走状態だと文章が逆にはかどるのだった。
文がはかどってるときほどリアルがはかどってないともいえる。

 ~~~

「お絵描き欝」

絵描きには、「お絵描き欝」というものがあります。

「ふと気がついたら、絵を描かない日が一週間以上続いていて、いま現在も全くやる気が出ない」

という状態のことです。絵描きとして致命的ですね。

調子よくバリバリ描いたはずなのに、気がついたらこのモードに入っちゃってたこともよくあります。
どんなに忙しくても、疲れていても、絵を描かないと気が済まないチートな人もいるようですが、凡人の絵描き・漫画描きの人生は、これとの戦いの連続といっていいでしょう。

そうなっちゃったときに、自分のダメさや、過ぎ去ってしまった時間に心が折れそうになるのを、どうやって持ち直して、再び描きはじめるか。それが肝になります。

 ~

「現実のスランプ」

絵描きのスランプというと、
「上手く描けなくなる」
ことだと思いがちですが、実際のところ、突然絵が下手になったりすることはまずありません。
「ぐあー何でこの絵だけこんな下手なんだ!!」
と思った絵も、あとで見ると、全然他の絵と同レベルだった、とか、ありがち。

それよりは、
「気がついたら、しばらく絵を描いてなかった。やる気が切れた」
の方が、よっぽど現実的なスランプだと思います。

 ~

「やる気は補充しない限り、どんどん低下していく」

「やる気」は、外から補充しない限り、どんどん低下していきます。それも、予想外に早いスピードで。

僕の経験則だと、一つの漫画の製作期間が10日をすぎると、かなりしんどくなってきます。
一応、完成させることはできるのですが、やる気が持続してれば、1ヶ月で余裕で完成させられるような作品に、3ヶ月かかったこともあります。
やる気が切れたあとは、ダラダラと、無駄に日にちばかりかかる。がんばってるのに作業がはかどらない。気分的にもしんどい。へばりきった電池でモーターを動かしているような感じです。

・作品を描き始めたときから、「やる気」は放電していく。
・「やる気」残量が5%を切るまでの時間は10日である(牛帝の場合)。

数字に差はあれ、ほかの人も大体こんな感じだと思います。

 ~

「描くことでやる気は充電される」

「描くとやる気が放電する」ということを説明しましたが、描かなくてもやる気は放電します。むしろ、描かないほうが早く放電します。
描くことで、なんらかの発見があったり、充実感を感じたりする。そのときに、実はちょっとだけ充電されてます。
自然放電の量に比べると微々たるものなのですが、実はこれがかなり重要で、これがなくなってしまうと、3日もたてばもう絵なんかどうでもよくなる。

どんなにしんどい日々でも、絵を描かないと気が済まない「お絵描き中毒」の人は、この「充電量」が、普通の絵師より多いのだと思います。

僕は、毎日1時間くらいの散歩を、もう何年も続けています。
人から見れば「根性がある」とか、「目標に向かってがんばる人だ」と見えるかもしれませんが、単に、散歩することの快感が、苦痛を上回っているだけで、根性は全く関係ありません。
「こんな楽しいことを一日でも休んでたまるか!」
そんな気分で毎日歩いています。暑い日も寒い日も。

お絵描き中毒の人も、根性があるから、目標があるから「がんばって」描いているのではなく、単に、
「こんな楽しいことを一日でも休んでたまるか!」
で描いているのかもしれません。

しかし、普通の人はそうは行かない。忙しくて3日描けなかったとか、作品がなかなか完成しないというだけで、やる気がほとんど0になってしまう。
そのことは、生まれつきの好き嫌いであって、努力ではどうにもならない気がします。
僕らにできることは、やる気0になっちゃったときに、どれだけ早くリカバーできるか。自分のダメさに直面したときに、どうやって心を折れないようにするか…ではないでしょうか。

 ~

「やる気の一番いい充電方法」

漫画描きの、最もいい「やる気の充電方法」は、
「作品を完成させて、みんなに見てもらう」
ことです。そうすれば自然と、描きたい欲がMAXに戻りますし、気がついたら次のを描いてるでしょう。

僕は、他の充電方法を知りません。

 ~

「やる気が0になったときのリカバー法」

やる気が0になってしまったときのリカバー法ですが、「ホームグラウンドとなる漫画を用意しておく」のが、有効な気がします。
僕も、過去、お絵描き欝になってしまったときに、「同人王描かなきゃ…」で立ち直ったことが何回もあります。
ただこれは、ホームグラウンドになる漫画があって、かつ順調なことが前提条件で、ホームグラウンドになる漫画があっても、話をどう進めたらいいのかわからなくなったりすると、逆にさらに袋小路にはまってしまったりします。そこが難しいところです。

同人王も、昔はページ数が少なかったからよかったのですが、最近は20ページくらい使って、ある程度読み応えのあるものを描く方針に変えたので、だんだんしんどくなってきました。
リカバー漫画は、4~8ページくらいが、軽すぎず重すぎず、ちょうどいいと思います。

 ~

「順調前提で立てた計画はもろい」

漫画の予定を立てても、実際には、雑用が入ったり、予定外の出来事ができたり、欝になったりで、必ず漫画計画が寸断されます。順調なときに、順調なこと前提で立てた計画はもろい。
可能ならば、逆風が吹いて、計画がズタズタに寸断されてしまうことを前提に、「遊び」を持たせて計画を立てるべきかもしれません。

 ~

「欝からのリカバー」

お絵描き欝時に、速攻でリカバーできれば、相当有利です。
逆に、そういうときにズルズル月日がたってしまうようだと、上を目指すのは厳しいかもしれません。
仮にプロになれたとしても、年齢がかなり行ってしまう可能性があります。

そのことは心の片隅に置いておく必要があるとは思いますが、考えすぎてしまうと、何もかもイヤになって、漫画そのものを投げてしまいます。
現実を直視しすぎて、心が折れてしまうくらいなら、現実から逃げた方がいいこともあります。難しいところですが。

お絵描き欝になっても、まあ、ほっとけば再び描き始めます。
しかし、気がついたら半年とか1年、それ以上たっていたということもあります。

お絵描き欝から1日で立ち直れる人と、一ヶ月くらいかかる人では、3年もすれば結構な差ができます。
どれだけ早くリカバーできるか、どれだけ自分の心をコントロールできるかが、上を目指す場合、一つのカギになってくるのでしょう。

 ~

「…というわけで」

俺もこんなの書いてないで、早く次の作品を完成させないと…

「漫画描きは漫画を描いてないときは死んでいる」
でしたっけ。あれは本当にその通りなのかも。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
お絵かき欝、分かりすぎて、もう…w

私の場合、リカバー方法がまったくわかりません。
友達と会って刺激をもらおうとか
よい作品を見て刺激をもらおうとか
外部からの刺激に期待しても、そういう時期って全く効き目がないんですよね…。
気づいたらポッとリカバーが始まるので、おやおやおや…?と不思議に思いながら自分で自分を傍観してるような感じです。

今も長いお絵描き欝からやっと抜け出せて、行動できているのですが、いつまた陥るのか不安でしょうがないです…。
お絵描き欝の時って自己嫌悪がひどくて、逆にやる気のあるときは自分大好きになるんですよね。
ほんとに、あの自己嫌悪の嵐に戻るのが恐ろしいです…。

とりあえず今回は、自分のペースを知ろうとしています。
今までは、描かなきゃ気がすまない人たちと自分を比べて、ああいうふうになれなきゃいけないんだと思っていましたが
今更ながら、自分はもうこれでしょうがないと気づき、
自分が自己嫌悪しない程度にがんばる、っていうルールを決めました。

まだ実行して日が浅いので、これがやる気維持の解決になるかは分かりませんが…
なんとかして法則を見つけ出したいものです。
2009/11/23(月) 20:28 | URL | たなか #1bYN4cy2[ 編集]
お絵かき鬱には自分もよくなりますわー。
中毒になりたいと何度か思ったことあります。

自分の場合、おそらく絵を描くことは手段であって目的ではないような気がします。
いや実際、絵を描く事は確かに好きなんですけど、人に見てもらいたいとか、上手い絵が描けるようになりたいとか、同人で名を上げたいとか、あるいは自家発電(下品ですいません)などなど
絵を描いた事によって生じるプラスの面に魅かれてやってる口かもしれません。
この辺が生粋の絵を描くこと自体が好きな絵描きとの壁ですかね。

けど絵描き皆が皆なにを差し置いても絵描きたいってわけでもないですし、連載持ってる人でも守らざるを得ない締め切りがなければ完成しないとか聞いたことがあります。

なので無理に三度の飯より絵描き好きになろうとせず、絵以外でもいいから自分なりの目的をおいてやってこうかなあ、と思っとりやす。
当面の目的はエロゲ作ってみたい、ですね。

…あれ、なんだ、めっちゃ不純な動機やん! まあいいか。
2009/11/24(火) 01:47 | URL | 鉱油 #XcwjeAq2[ 編集]
お絵描き鬱ですか~~~

自分はマジで「鬱病」で死にたくなってたので
通院治療投薬と、鬱で死にたいから逃れる方法が「描く事」だったんです。
描いてれば嫌な事思わずに済む、、、。
んで気付いたら鬱も良くなって、絵もすっと描けてます。

完成しないと気持ちが重くなりますが、だんだんとコミスタとペンタブにも慣れて来て、スピードアップが出来て来たので、ランナーズハイ麻薬みたいな感じで描いてます。

うーん、、描くのがだるいとか描きたくないって一瞬思う時あるけど、結局描き始めればいつもの精神状態になるので、ただただ呼吸する様に描いてるって感じなのでしょうかね。
精神的なものより、身体的にきついっすかね、腱鞘炎とか肩こり、眼精疲労、離人症、とか。

何にしろ自分のパターンを知ってる事は大事だと思いますよ。それを知ってれば対処法だって判って来るし、そうすればまた描き始める事も出来るし。

牛帝さんは自分のパターンを熟知してると思うので、またやる気の燃料を投下して描き始めると思ってます。

長文失礼
2009/11/24(火) 12:06 | URL | とな #tHX44QXM[ 編集]
絵描きであれば気がのらなくても
とりあえず描いてればノってくるものでは?
音楽描けるとか導入を工夫すればいいと思います
2009/11/24(火) 17:07 | URL | 本当にあった怖い名無し #-[ 編集]
ご無沙汰しております。ためになりました!
絵を描かない日が多くなっていましたが、毎日10分でも描く事が一番大事なんですね!
(∪^ω^)やるやるお!
2009/11/24(火) 19:55 | URL | mnb #GCA3nAmE[ 編集]
スティッカム等で配信したり、配信を見たりするのはどうなんでしょう。
最近pixivではそういうお絵描き配信が盛り上がっているように思います。
配信者は、他人に作業内容を見せてさぼれない状況に置くことでやる気を保ち
視聴者は、絵を描いてる様子を見ることで触発されてやる気を充電する
お互いにとってプラスになるという便利ツール!すごい!!
僕は大体見る側ですけど、結構効果ありますよ。
2009/11/24(火) 21:14 | URL | 氷 #X.Av9vec[ 編集]
だからこそ、周りの人を巻き込んで、一緒になって・・・と再三言いますがw、それも、本人が楽しもうという意識がなければ挫折するだけなので強くは言いません。散歩の話と同じです。
(どうせ続かないのであれば)目標を掲げて自分に厳しくするのではなく、人任せの作業スケジュールを楽しんでみてはどうでしょう。


たとえば、切り貼り絵や陶芸の教室にでも通ってみる、というのはいかがですか。
早い話、気分転換ですが、絵から離れすぎないことがミソです。何故ならば、罪悪感や後悔の念を生まないためです。気分転換ならば「とりあえずバーチャ」でも良いはずです。しかし、それだと遊んだだけで時間の浪費に虚無感を抱いてしまうでしょう。

やるならば、「気楽に考えられ」て「従う」ものがベストです。
牛帝さんは、絵画教室に通っていた時も「漫画のスキルアップに役立つから」と言って、わざわざメニューにないクロッキーの指南を受けようとしました。
そういう行動力は評価出来ますが、そのスキルアップ優先の行動は、スキル上昇と引き換えに、やる気ポイント(以下YP)を大量消費するタイプの修行ではないでしょうか。今は、最大YP自体が少ないので、最大YPを増やす方向での修行が必要です。
人が自ら進んで学ぼうとする姿勢を見たとき、「あいつはやる気あるなぁ」と思うでしょう。無意識に、あれはYPが多い人向けの方法だと判断するわけです。しかし、行動した当事者になると、実際のYPが多くないことに気が付かない、ということがあります。

では、YPを上げるにはどうすれば良いのか。
人の指導を受けたり、スケジュールに従って行動していると、「あぁ、こんな事やってるぐらいなら、漫画描いてたほうがマシだ」と思うかもしれませんが、そういう気持ちが出るのも、やる気の表れなんです。学校で授業を受けていると、無性に絵が描きたくなって落書きしていた、という経験は、誰しもあるのではないでしょうか。
「暇だからだろ」とそこで考えを止めてしまいがちですが、先があります。人は欲求の段階というものがあるというのは御存知でしょう。細かい話は省きますが、低レベルの欲求を満たさなければ、高レベルの欲求を満たせないし、欲求への意識も起きない、ということです。「暇だ」とうのは生理的な欲求レベル(低レベル)です。一方で目標を達成するとか能力向上を望むのは自己実現の欲求(高レベル)です。YPが低い時は、「嫌だ、キツイ、描きたくない」と生理的な拒絶が出ているので、生理的な欲求を回復させることに注力するべきです。目標を掲げて鞭打って頑張ろうとしても駄目なのは、それは高レベルの欲求なので、低レベルの欲求が満たされていない状態では到達困難だからなのです。
しかし、現実的には、自分から目標を立てて行動しないことには、食べたい、寝たい、セックルしたいという生理的欲求さえも達成できないジレンマがあるのです。
そこで重要になるのが「人任せ」というわけです。
それは当たり前のことで、生理的欲求の多くは親や同居人に依存する形で達成されています。安全の欲求も社会や国家に依存することで達成されています。同じように、組織に属する事で、所属や承認の欲求を達成するわけです。

ここでの「教室に通う」というのは、目標に向かって頑張れるところまで自分のYPを高める、そのために人に従うだけで低レベルの欲求を満たす、そういうことです。目標を達成する場に行くのではありません。勿論、場を維持するために、与えられた課題をこなす責任はあるでしょうが、独りで全ての欲求を満たす引き換えだと思えば、負担はずっと小さいです。


・・・なんだか。簡単に言えることを、小難しくクドクドと説明してしまっちゃたなw。
私は後回しで皆さんへのレスしちゃってください。
毎度、長文スミマセン つД`)。
2009/11/25(水) 16:08 | URL | ▲ #c7pQDuTU[ 編集]
こうなったら滝に打たれるしかあるまい。
2009/11/26(木) 00:31 | URL | ∩(・ω・ )∩ #-[ 編集]
たなかさん

お絵描き欝のときは、いろいろ対策を打っても、から回りする感じになりがちですよね… でも、ある日突然治ってる。不思議な感じです。
お絵描き欝のときは、気分までへこんできますよね… まあ僕の場合、漫画家志望という立場上、むしろへこまないと問題ですが>< でも、ほんと、辛いですよねお絵描き欝…

描かなきゃ気が済まない人や、すごい人と比べると、ますますへこむだけなので、
「あえて比較しない」
「自分の道を行けばいい」
と、最近僕も思うようになりました。もっとも、この路線はそれはそれで、プロ志望には茨の道なんですけどね…

描いたり、描けなくなったり、自信満々になったり、自信喪失したり。しんどいですが、調子の節目節目で、漫画は深くなっていくと思います。



鉱油先生

僕もどっちかというと、絵は目的じゃなくて手段ですね。たとえば、同人王がシナリオ発表でもアクセス数とかが変わらないなら、もう速攻でシナリオ発表に切り替えてるでしょう。もっとも、実際は漫画の形の方がはるかに注目度が高いので、そうはいかないのですが…

そういう絵師と、絵が純粋に好きな絵師の間には、やっぱり何かこう、溝がありますよね。ただ、おっしゃるように、絵師のみんなが「純粋絵描き」というわけでもないですし、同人でも、打算だけで描いた同人が、あるファンの目に留まって、そのファンの心のスキマを長いこと満たしてくれた、なんてこともあります。不順な打算でも結果オーライということも結構あるんですよね。
なので、打算型お絵描きも僕は好きですが、やっぱり何かそれだと、狂ったように描くのはなかなか難しくて、その辺でプロ志望的には壁も感じたりすることもあります。

それはそれ、これはこれ。人は人、自分は自分ということで、自分のスタイルを貫くしかないですよね。そこは変えられないっぽいし、変えられないなら、自分の意思、自分の好き嫌いにそった方がいい。



とな先生

精神的にどん底にあるときに、漫画とか絵を描くのは結構よさそうですよね。精神科の治療法で「お絵描き療法」とか、そんなのもあるらしいですしね。

とな先生は、お絵描き欝とは無縁ですか。確かに、WEBでの作品を見ても、無料の作品なのにあんだけ描きこむのは、好きだからとしかいいようがないですよねw
僕らみたいなお絵描き欝になったり、打算で描いたりするような人間には、あの仕事はちょっと無理っす。どうしても、効率を考えたりして、気持ちが折れる。肉体的にもきついですしね…
その壁を、特に何の葛藤もなく越えられるのが、純粋に絵が好きな人種で、そういう方々が、やがてすごい伸びて、はるかな高みに上っていくような気がします。

自分のパターンを知るってのは大事ですよね。僕の場合、まだやる気を出す方法は確立してませんが、大体「こういう時はこう過ごすのが一番無難」というのは分かってますので、とりあえずその方法をとって、心が折れないようにしたいと思います。



本当にあった怖い名無しさん

確かに、描いていればノってくるのは事実なんですが、調子が悪いと集中力が持続しないんです。
それでも、日に30分くらいならできると思うんですが、そんな時間だと、プロ志望としては論外ですし、その辺で自己嫌悪に陥って、結局描かなくなってしまいます。



mnb先生

ご無沙汰してます!! お元気でしたか? 今度ハグさせてください><
毎日10分とかでも、それを2年とか3年休まずに続けられたら、かなり立派ですし、けっこう上達すると思いますねー… しかし、時の流れに負けないということが一番難しい…



氷先生

お絵描き配信はすごくいいですねー 実際、それで効果をあげてる方もいらっしゃいますしね。
僕もちょっと前にやって、不調時だったのに結構はかどったので、「これはすごい!」と感動したのですが、その後いろいろゴタゴタしてて、結局まだ1回しかできてないです。旅行終わって落ち着いたら、またやりたいですねー

お絵描き配信の問題点は、エロ絵を配信できるところがJustinしかなく、ここも大丈夫か怪しいらしいので、同人王はともかく、エロ同人の配信ができないんすよねー… そこが難点です。



▲さん

長いのでのちほどw



∩(・ω・ )∩さん

出家して根性叩きなおしてきます。
ちなみにアメリカだと、「ちょっと軍隊入ってくる」が、日本でいう出家に相当するという噂。
2009/11/26(木) 11:30 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
▲さん

なるほど。大体言わんとすることはわかりました。
要約すると、

>スキルアップ優先の行動は、スキル上昇と引き換えに、やる気ポイント(以下YP)を大量消費するタイプの修行ではないでしょうか。今は、最大YP自体が少ないので、最大YPを増やす方向での修行が必要です。

で、やる気ポイントを増やすために、クリエイターズカフェに行ったり、絵と直接関係はないものの、全く離れているわけでもない、切り絵や陶芸の教室に行ってみるのはどうかってことすね(大意としては)。ふむふむ。

うーん、説得力ありますし、よさげではありますが、実際にそういう経験をしたことがないので、「本当かなぁ…」というのが正直なところですねー もちろん僕も、学校に通ってる最中「漫画完成させなきゃ!」と思いつめてたのに、夏休みになったらサッパリという経験はしてますし、それならば、一年中夏休みみたいな現在、やる気が出ないのも当然では理論も納得できます。

だから、あえて無駄なこと(でも、絵から離れきってない領域のこと)をやれ。そうすればやる気出てくる…というのもわからんでもないですが、何しろ、実際に経験がないですし、まわりにそういう理論を実践している人もいないので、ちょっと今現在だと、実感を持って受け止められないというのが正直なところです。

ただ、否定的というわけでもありません。
漫画のやる気が低下してるのは、今まで漫画にしか打ち込んでこなかったからじゃないかとも思う時もありまして、たとえば音楽とか、他にもう一つ打ち込める趣味があれば、煮詰まったときに逃避できて、いい具合にそっちからやる気を再充電できる気もしますし、漫画以外の引き出しを持つことで、漫画に奥行きが出てくる気もしてます。
まあ、これも、漫画以外のことに時間割いてるようじゃ、結局どっちもモノにならないという話もありますし(単純計算すると、使える時間が1/2になりますし)、実行してる人に聞いたら、「漫画だけやってた方がいいと思うよ」という返事が返ってくるかもしれません。

そういうわけで、実際動いてみないと、どう転がるかわからない、というのが感想ですね。
そして今は、そういうことをやる「気合」があんまりないので、ちょっと、ここでどう議論して、どういう結論になったとしても、実際には動かない気がしますw
また気合がたまってきて、なんかやろうと思ったときに、この話を思い出して、クリエイターズカフェに行ったり、習い事をしたりするかもしれませんが、現状だと、状況はよくないけどまあ現状維持というか、身の回りのこと片付けモードですねー 申し訳ないですが。
2009/11/27(金) 15:00 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。