FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レスしないのに記事更新ばっかりしてすみません><

某WEB漫画家さんがコミティアに出るとのことで、ティア行ってきました。仮にAさんとします。
たまたまAさんの隣スペースの方が欠席していたので、席をお借りさせていただいて、しばらくお話させていただきました。本当は、有料の席レンタルを使おうと思ったのですが、遅くいったせいで、すでに貸し出し終わってまして……
Aさんとじっくりお話できたのはよかったですが、計画立てるのに失敗してしまい、隣でやってたPIXIVマーケットや、あいさつ回りに行けなかったので、そこは少し残念かも。でも、Aさんの作品についていろいろ聞けたし、同人王に関してもご意見をいただけたので、大満足です。

…いや、テンション上がりすぎて、一方的なペースでしゃべってしまって、僕一人だけ満足して、Aさんは呆れられてたのではないかとかなり心配です……
人と会うときに、あんまりテンションが低いと問題だし、高くしすぎてもそれはそれで問題だし、コントロールが難しい…

当日カタログを買って、数ページだけチェックしたら、なんと、「鈴木先生」の武富健治先生が出てらっしゃるとのことで、行ってみました。
僕のイメージだと、すごく内向的で無口な方で、たまにフッとほほえみながら、
「太宰っていいですよねぇ…フフ…」
なんて言ってそうなイメージでしたが、実際に本を買ってみると、すごく気さくというか社交的というか、予想外にアクティブな感じ。でも、
「あっ、この人なら『鈴木先生』を描けそう!」
と、腑に落ちたというか。僕のイメージとはちょっと違ったけど、個人的にかなり納得した感じです。
本買ってすぐに帰っちゃいましたけど、過去作品とかについてお話させていただけばよかったかも。

武富先生のところに行く通り道に、たまたま「あまいぞ!男吾」のMoo.念平先生がいらして、そこでも本を買わせていただきました。もう僕ら世代の神ですよ!
Moo.先生は、想像通りといえば想像通りな感じ。男吾とは逆の、落ち着いてて物腰柔らかくて、線が細めなタイプというか。でも、ゆるぎない信念や情熱も感じさせ、男吾ワールドに通じる何かもあるというか。やはり、武富先生と同じように、「この人なら男吾描けそう!」と、すごく腑に落ちました。
ご自分の作品や、あまいぞ男吾の設定資料集ほかに、古代~19世紀あたりの漫画をまとめたものとか、世界初の漫画とか、学術的な漫画本も売っておられました。本当に漫画が好きなんだなぁ…と感動しました。

「作者に会って、すごく腑に落ちた」という話ですが、Aさんも、
「牛帝さんに会ってみて、「あっ、この人なら同人王描けそう!」と思った。同人王そのまんまだった」
とおっしゃってたので、作品から入って作者に会ってみると、みんなそう感じるのかもしれませんね。

 ~

帰ってから、Aさんの漫画を読ませていただきました。やっぱりメチャメチャうめぇ……そして面白い! やっぱりすごい人だ…
素晴らしい漫画と楽しい思い出をありがとうございました! またなにか機会ありましたらお話させていただければ嬉しいです^^ 次はもうちょっとおとなしくしてます><

 ~~~

(おまけ)

フリーゲーム夢現ブログ

大昔、フリゲーレビューサイトをやっていた時代のライバル(一度も勝てませんでしたがw)、夢現さん。
最近、同人王を発見して、
「牛帝さんいまこんなのやってるんだー」
と紹介してくださいました。

それに対して反響があり、こんなやり取りが。

>『9才のボクが同人王でセー\x{2161}してしまいました。ああーっペリーヌーッ!』
⇒こらこらほうそうきんしようごをつかわないの!でもじぶんでふせじにしてるところはえらいぞ!

9歳の男の子を精通させてしまった同人王と牛帝先生の来世にご期待ください!!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
わわ、武富健治先生ですかっ、俺もめっちゃ見たいです。
作者さんって、漫画の主人公をイメージしちゃうもので、俺の中での武富先生は鈴木先生ですよ。

その流れで、やはり牛帝センセはタケオのイメージがあり、
やはり「この人だからこそ同人王が描けるんだ!」って痛感しましたよ。
いやはや、まさか同人誌即売会で本当に全裸で売り子してはるとは。
2009/11/16(月) 20:57 | URL | ロドみ #kLoia8aY[ 編集]
ロドみ先生

>わわ、武富健治先生ですかっ、俺もめっちゃ見たいです。
 作者さんって、漫画の主人公をイメージしちゃうもので、俺の中での武富先生は鈴木先生ですよ。
鈴木先生とはちょっと違う感じですかねー ただ、僕もレジ(?)でのやり取りしかないので、話し込んでみたら「あっ、鈴木先生だ!」になるかもしれません。
というか、イメージと本人のギャップの118倍くらい衝撃的だったのが、武富先生作のエロ同人「江露巣主人大全」でしたね。あまりに斬新かつ衝撃的な内容で、脳が溶けるかと思いました。あれは一見の価値あり。

>その流れで、やはり牛帝センセはタケオのイメージがあり、
 やはり「この人だからこそ同人王が描けるんだ!」って痛感しましたよ。
 いやはや、まさか同人誌即売会で本当に全裸で売り子してはるとは。

自分で自分の印象は分からないので、どんな印象なんだろうなーとちょっと気になりますw
あと、誤解しないでいただきたいのは、一見裸ですが、一応コテカをつけてたり、亀頭のところにたまごの殻をつけてたりしますので、セーフです。
2009/11/20(金) 20:16 | URL | 牛帝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。