FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□ 新しい画風

120612 アナログ画テスト2

ここしばらく、サクッと描けるWEB漫画用の画風を模索してたのですが、これだったらわりと早いしいいかもと少し手応え。

・方眼紙に枠線を印刷して下描き。
・トレス台を使い、清書用紙にクルトガで適当に清書。
・コピックのクールグレイで着色。
・スキャン。
・Photoshopでレベル補正。これだとイマイチだけど余白部分が白くなるように。
・ComicStudioで枠線・フキダシ・テキスト打ち・描き文字(完成)。

グレーをコピックで塗るところがミソで、パソコンで塗るとかなり時間かかってしまいます。ちなみに画風の参考にしたのは「ビッパーズ」です。

線画の清書が終わった時点で濃度上げてコピーすれば、見栄えもいいしコピック失敗しても大丈夫というTIPSをTwitterで教えていただいたので、これも試してみます。



□ COMITIA101申し込みました

120617 comitia101サークルカットs

COMITIA

サークルカット描くたびに顔が変わります(汗 受かったら、2012年09月02日(日)にビッグサイトでお会いしましょう( ・`ω・´)

上の画風だったらコピー誌とかも描きやすいかも…?
毎月iP!誌でやっている『ネット超偉人伝』、今月号は天才プログラマーのナーシャ・ジベリさんでした。

打ち合わせ中に担当さんに教えていただいたネタが面白かったのですが、漫画で表現するのが難しく、本編では不採用に。しかしお蔵入りさせるのは惜しく感じたので、補足的な感じで紹介させていただきます。



ファミコンのファイナルファンタジー1~3のプログラムで有名なナーシャ・ジベリさんは、高速画像処理と疑似3D技術が得意で、こちらでも優れた業績を残しています。

ひとつめが、1987年発売の『とびだせ大作戦』。擬似3Dの空間を突き進んでいくアクションゲームです。実際の映像を御覧ください。



これがどれくらいすごいか、ほぼ同時期(1988年)発売のファミコン版スペースハリアーが参考になります。



地面のスクロールの滑らかさを比べてみると、技術力の差が分かりやすいかと。これでもファミコンの性能を考えるとかなり頑張ってると思うんですけどね……



もう一つ。『ハイウェイスター』も紹介させて下さい。



ファミコンで3D視点のレースゲーをやってるだけでもすごいのに、2面(2:45~)からは背景が高速2重スクロールだわ、高低差まであるわとやりたい放題。



『ヨッシーのたまご』というファミコンソフトがありました。モンスターが高くまで積み上がった状態でお皿を入れ替えると、微妙にぐねっと曲がるのですが、これは意図した表現ではなく、ファミコンの処理速度の限界でこうなったとのこと。



その程度のハード性能で、上記のような処理を実現しているナーシャさんは、やはり異常だと思います。
120608 カフェ

書こうとしているブログ記事がいくつかあるのですが、なかなか進まないので、代わりに思ったことのメモなどを。



□ 漫画の屋外読み

某駅のあたりで微妙に時間があいたので、パン屋・兼・喫茶店のような店に入りました。うっかりして写真取る前に食べちゃいましたが、パンもコーヒーも美味しかったです。

ひまつぶしにiPod touchで自分の過去漫画を見返しました。いきなり裸の女の子の絵が出てきて、まわりが女性客ばかりなので一瞬焦りました。
「これからのWEB漫画は、屋外で携帯端末で見るスタイルに対応していくべき」
というのが持論ですが、裸の女の子が出てくると、屋外ではテロだなと感じました。

しかし、あまりに人畜無害な内容だと自分の場合面白くなりにくい気がするので、パッと見で判別しづらいテキスト面で過激な内容を入れていくのがベターなのかもしれません。

逆に画質に関しては、画面が小さく細かいところまで気が回りにくいので、テキストさえ清書されていれば、あとはわりとどうでもよく感じました。ネームレベルで十分な感じ。



□ 寄稿

頼まれた寄稿をやっています。去年から合同誌の話があって、今年頭くらいに「やりますよー」というメッセージをいただいて、じゃあ3月くらいに入稿してビビらしてやるかと思ったものの、いまだに完成していません。
とはいえ、今週中にはできるでしょうし、夏コミ合わせなので、多分メンバーの中で最速入稿になるでしょうが。

改めて執筆時間のメモを合計してみたら、1ページに3~4時間かかっていて、そりゃあ進まないはずだと。やっぱり自分の馬力だと、商業原稿でもなければせいぜい1ページ2時間までで、それ以上は無理があります。

ですので、最初に、
「この原稿は、ゼロから完成まで12時間で全て終わらせる」
などと決めて、絶対にその時間内でやりくりするとかのほうがいいのかもしれません。

ただそうすると、思う存分絵が描けないので、もしかしたら上達しなくなるのでは…という恐怖感もあるのですが。



□ まとめ

・屋外読みスタイルでは、裸の女の子を出すなどのテロは避けたい。
 (過激な内容はテキストで表現)
・屋外読みスタイルでは、『テキストが清書されているネーム』で十分。
・自分の場合、原稿料のでない漫画はせいぜい1ページ2時間が限度。最初に時間の総予算を決め、その範囲内でのやりくりを考えられないか。



余談ですが、このブログのエディタ、ショートカットキーに対応して欲しいですね。テキストを太字強調する時に、ソフトウェアのエディタならショートカットキーで一発なのに、いちいちマウスを動かさなきゃいけないので少しまだるっこしいです。

また、ニコ生でたまに放送するのですが、棒読みちゃんでの読み上げはニコ生のデフォ機能としてニコニコ側で用意してもらいたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。