FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120519 WEB漫画書籍化



■ WEB漫画書籍化は4コマが多い?

このところ、しばしばWEB漫画が書籍化されます。

WEB漫画は、ストーリーものの優れた作品が充実しています。
しかし書籍化されるのは、なぜか4コマ漫画ばかりのような……そんな印象を漠然と持っていました。
本屋をぶらついても、4コマの本はよくみますが、4コマ以外の本はあまりみません。

なぜそうなのか?
もしかすると、4コマのほうが書籍化しやすいのでは?
そもそも、本当に4コマのほうが多いのか?

データをまとめて検証してみました。



■ この記事に関して

作者様のサイトと、Amazonに掲載されている情報を表にまとめ、それを元に考察していきます。
4コマ作品と、それ以外の作品で区分けしています。

>補足

・データは 2011/12/30 時点のものです。
・複数巻出ている作品は1巻のデータを採用しています。
・Amazonランキングは、 「 本 > 漫画・アニメ・BL > コミック 」 カテゴリのデータです。
・Amazonランキングは、見るたびに微妙に順位が変わるので、大体の値ととらえてください。

>参考資料

web漫画探索記 様 が、書籍化したタイトルをまとめてくださっていたので、参考にさせていただきました。

書籍化された4コマweb漫画 / web漫画探索記
書籍化されたストーリーものweb漫画 / web漫画探索記



■ 書籍化したWEB漫画まとめ(4コマ作品)

書籍化WEB漫画まとめ(4コマ作)1

※クリックで拡大 (120213:作者名追記)



■ 書籍化したWEB漫画まとめ(非4コマ作品)

書籍化WEB漫画まとめ(非4コマ作)

※クリックで拡大 (120213:作者名追記)



■ 書籍の数

表計算ソフトでまとめてみると、4コマとそれ以外で、明らかに差がありました。
特に重要と思われるデータをピックアップします。まずは書籍の数から。

 4コマ作非4コマ作
作品数16作17作
冊数56冊34冊

作品数を比較してみると、非4コマ作のほうが多く、意外だったのですが、続刊も含めた総冊数で比較してみると、やはり4コマの方が多いという結果になりました。



■ Amazonランキング(平均値)

 4コマ作非4コマ作
Amazonランキング21867位50011位

Amazonの売上ランキングの平均値です。4コマ作品は約22000位。非4コマ作品は約50000位でした。

Amazonという一書店のランキングから、業界全体の流れを推し量ってしまってよいのかという問題はありますが、それを差し引いても、4コマの方が売り上げがよいと言えそうです。
上の表を見ても、4コマはランキング3~4ケタ台が多いのに対し、非4コマはランキング5ケタ台で団子になっている印象です。



■ 価格・ページ数(平均値)

 4コマ作非4コマ作
価格942円767円
ページ数134P209P
ページ価格7円3.7円

両者のページ数と価格を比較すると、4コマの方がページ数が少なく、価格も高いという結果になりました。

価格をページ数で割り、1ページあたりの価格を求めると、4コマ作品は7円。非4コマ作品は3.7円になりました。ほぼ倍額です。
やや割高ですが、掘り下げて考察していくと、この価格設定がゆたかな世界を形作っているとも言えそうです。詳しくは後述します。



■ 巻数

 4コマ作非4コマ作
平均巻数3.5巻2巻
続刊確率69%41%

1巻のみで終わらず、続刊が出ている作品もあります。
平均の巻数は、4コマが3.5巻。非4コマが2巻。これも4コマの方が倍近く出ています。

続巻が出る確率は、4コマは約7割とかなり高いのに対し、非4コマは約4割にとどまっています。



■ アクセス数(平均)

 4コマ作非4コマ作
アクセス数2,262万2,494万

論旨とは関係ないですが、アクセス数に関しても。1億アクセス近くいってる一部のサイトに翻弄された感もありますが、とてつもない数です。僕の漫画が書籍化されるには、あと10倍はアクセスが必要だったのかもしれません(10倍で約900万)。



■ 書籍化は4コマが圧倒的有利

おそらく4コマの方が有利だろうとは思ってましたが、データにまとめてみると想像以上に差がありました。

・4コマの方がおしなべて売れ行きがよく、大ヒット作もたびたび出ている。
・4コマの方が利ざやが大きく、ヒット時の収益が大きい。
・余裕のある価格設定のため、在庫が残った時のリスクも小さい。
・ページ数が少ないので、出版にかかる手間も少ない。

全てにおいて4コマの圧倒的有利です。
非4コマと比較しての、続刊が出る確率の高さ、平均巻数の多さが、軌道へののせやすさを物語っている気がします。



■ 高めの価格帯の豊かさ

4コマ単行本は、一般に価格帯が高めです。ページ数も通常の単行本より少ないので、一冊あたりの利益は大幅に高いと思われます。

高い利益を含めた価格にすることは、一見ボッてるように見えるかもしれませんが、全く別の側面もあります。売れ残ったときのリスクを小さくすることができるのです。
失敗したときのリスクが小さければ、当然、出版のハードルは下がります。4コマの続刊率が圧倒的に高いのは、このことが大きいでしょう。
また、利益が高ければ、ヒットしたときは大きなリターンを得られます。ローリスクである。ハイリターンの可能性もある。出版社としても書籍化のモチベーションを高めやすいでしょう。

我々消費者からすると、やや余計にお金を払うことで、WEB漫画の書籍化の土壌を豊かにしている形です。豊かになった土壌は、もしかしたら、ひいきの作家さんの商業デビューのキッカケになったり、あるいはあなた自身の漫画が書籍化するという形で恩返ししてくれるかもしれません。
111227-女性成人向け作家のレ

前記事:
オタ界の絵のレベルの底上げは異常

2000年くらいから比べてみると、女性の成人向け作家の平均レベルがものすごく底上げされていると感じます。

※この記事でいう「成人向け」は、男性向けに限定します。



■ 西暦2000年ごろの女性成人向け作家の印象

当時の女性作家の平均的な印象は、だいたいこのような感じでした。

・絵がメッチャかわいい
・体の描写があまり肉感的ではなくエロさが薄い
・性交描写そのものもやや薄味


そのため、
「絵はすげーかわいいんだけど、男性作家のほうが安心して買える」
というコンセンサスが、自分のみならず一般にあった記憶があります。



■ 最近ではニュータイプのパーフェクト女性作家が台頭

それから10年たち、状況は劇的に変わってきました。ニュータイプのパーフェクト女性作家がどんどん頭角をあらわしているからです。

・絵がメッチャかわいい
・体の描写が肉感的でエロい
・性交描写も濃厚


オタク界の絵のレベルが底上げされていると以前描きましたが、女性の成人向け作家のレベルもここ10年で飛躍的に底上げされた印象です。



■ 女性作家の性的描写が薄味だったのは 単に資料が手に入らなかったから?

このことは、前記事で書いた「オタク界の絵のレベルの底上げ」と無関係ではないでしょう。

また、以前ツイッターでつぶやいた時に、このような反応がありました。

「女性からすると、エッチな漫画やDVDを買うのがけっこうハードルが高い。ネットのおかげでそういった資料が入手しやすくなったのも関係しているのでは?」


確かに、そういったショップは9割以上が男性客で、女性からすると入るのも勇気がいるでしょう。しかしいまならネットで簡単に購入できます。



■ ハンデ戦を強いられていただけで 対等な条件だと男性作家以上?

10年くらい前、「絵はかわいいけど性的描写が薄味」な女性作家の作品に対し、「惜しい!」というニュアンスをこめて、このように友人と話していました。

「もともと、女性はそういった興味や表現力が弱いのだろう」

今にしてみると、これは誤っています。社会的な構造からハンデ戦を強いられていただけであって、対等な条件で戦えれば、男性作家と同等か、むしろそれ以上の力を持ちます。
実際10年前と比べると、成人向けコンテンツ界は、じょじょに女性作家が領地を増やしつつあります。

「創作史に残るほどかわいい絵柄は、だいたい女性作家から生まれる」
という説もあるように、女の子をかわいく描く力は元々ずば抜けているので、成人向けジャンルに対応できるようになったら、それは強いに決まっているのです。

最近では、男性作家よりも濃厚な性描写をする作家も増えてきており、
「男性よりもそういった興味や表現力が弱い」
とは、ますます言えなくなってきている気がします。

俺が今、20歳で漫画家志望者だったら持込みも投稿もせずネットに作品をアップし、アクセスカウンターを付けて勝手に連載を始める。カウンターが50万を越えて2ちゃんにスレができ、Twitterのハッシュタグが賑わう頃には向こうから仕事が来ると思うけどな。才能に自信があれば絶対そうする。

竹熊健太郎先生 (引用元:twitter


編集家・漫画原作者の竹熊健太郎先生が、ツイッターでこのように発言されていました。

このツイートに対する、ここ6年くらいWEB漫画界隈で活動していた自分の考えなどを書いてみます。



■ この記事の前提

WEB漫画界とひとことで言っても、クラスタが分かれていて、異なるクラスタ間ではあまり交流がありません。
自分は 「新都社」 「週刊少年ワロス」 あたりのクラスタには詳しいですが、他のクラスタはよく知りません。あくまで、「新都社系住人から見たWEB漫画界」であって、他クラスタの方からは異なる世界が見えている可能性があります。

 ~~~

自分自身に関しても書かせていただきます。
私は 「同人王」 という漫画を描いていたWEB漫画描きで、2005年くらいからWEB漫画活動を続けています。「同人王」のアクセス数は約90万です。
また、今年からパソコン雑誌 「iP!」 にてコラム漫画を連載しています。



■ そもそもWEB漫画描きに仕事は来るのか?

竹熊先生のツイートには、「有名になれば向こうから仕事が来る」という前提があります。
実際そういうケースはあります。つい最近もクール教信者先生のWEB4コマ 「旦那が何を言っているかわからない件」書籍化される運びになりました。
書籍化やプロデビューの話が来たけど断ったというケースも中にはあるようです。

 ~~~

ただそれは、かなりのレアケースという印象です。

新都社出身で商業誌掲載を果たした作家は、手元の記録で確認できる分で16名います。しかしWEB漫画がきっかけで仕事が入ったケースは少なく、少なくとも12名は自力で持ち込みや投稿をして、WEB漫画と全く関係ない道のりでデビューしています。自分にもスカウトの話は来ていません。

WEB漫画の人気作家 → 仕事が入ってくる

というルートはあるにはあるのですが、現実的には宝くじのようなもので、自力で営業をしないとなかなか仕事は取れないというのが実感です。



■ ではWEB漫画はプロ志望にとって無意味なのか?

WEB漫画の連載が長期間続くと、すごくパワーアップする作家がたまにいます。わかりやすい例が 「覇記」くろやぎ先生です。

覇記1話
 → 覇記146話

未熟だった作家が、WEB漫画でライバルたちと競いあうことで成長し、プロを狙えるところまでたどり着いた例もあります。
プロ志望としては芽が出なかった作家が、WEB漫画で頭角をあらわしはじめた例もあります。
WEB漫画で成長した力を同人界に向け、同人の世界で大家になった作家もいます。

個人で描いていると個人の力しか出せませんが、WEB漫画のコミュニティで描いていると、集団の勢いで自分の殻を破れることがまれにあります。例えるなら自転車競技で、個人より集団の方がスピードが速いような感じです。

そのような良い面もあるのですが、プロ志望であるなら基本的には遠回りな道であると考えています。



■ WEB漫画は趣味・息抜き向き

「出世の手段」としてWEB漫画を描くのは、現実的には非常に大変です。
なんだかんだで、漫画原稿を何百枚も描くのですから、「描いた結果得られるうまみ」を目的とするには、かかる労力と時間が大きすぎます。しかも(基本的には)1円にもならない。
ぶっちゃけ全然割りに合わないので、打算で描くと、なにか理由をつけて絶対投げると思っています。

また、WEB漫画はスタートダッシュが難しいです。人気が出て軌道に乗ってからはむしろイージーモードで、そこまでたどり着くのが並大抵ではありません。運も必要とします(WEB漫画に限らず、あらゆるWEBコンテンツに言えることですが…)。

 ~~~

個人的には、プロ志望なら、とりあえず普通に持ち込みなり投稿なりするのがベター。残念ながらそっちが行き詰ってしまった時に、息抜きメインでWEB漫画を描くのが無難と考えています。
息抜きといえど、描けば描くほど確実に力になりますし、上手くいけば、そこからなにか展開が生まれる可能性もあります。



■ よりベターなのは……

「プロ志望の人が、正攻法以外で取れるデビュールート」 という位置づけでWEB漫画を見てまいりました。しかしその目的なら、おそらくよりベターなのがエロ同人です。
「同人誌を見た編集者がスカウトに来る」という伝説は一般に知られていますが、先日、知人にそれが発動し、実在することを確認

・漫画を描きながら収入を得られる
・WEB漫画よりも(成年誌に)スカウトされる確率が高い
  ※成年誌 → 一般誌デビューの道もある

などが長所です。

ただこれも向き不向きがありますし、どっちみち一般紙のプロ志望であるなら「正攻法で行き詰まった時の代替手段」と考えたほうが間違いない気がします。
■ オタ界の絵のレベルの底上げは異常

80~90年代、当時人気絶頂期だった週刊少年ジャンプの読者投稿コーナー「ジャンプ放送局」に、「ミスJBS」というコーナーがありました。「とにかくかわいい女の子の絵を送ってくれ」というコーナーで、回を追うごとにレベルが恐ろしいほど上がり、最後の方はアマチュア最高レベルの美少女絵師たちがしのぎを削る場になっていました。
あまりの上手さ、かわいさに、「これがアマチュアの作品なのか!?」と大きな衝撃を受けました。

しかしもはやそれも昔の話。オタ界の絵のレベルの底上げは凄まじく、いま「ミスJBS」を見ると、正直なところ見劣りしてしまいます。もっと上手いアマチュア絵師は、それこそネットにはいて捨てるほどいます。
現代では「けっこう上手い」レベルのアマチュアでも、当時のミスJBS常連クラスより上手いですし、ハッキリ言って当時のプロ漫画家よりも上手いと思います。

信じられないほど上手い絵師が腐るほどいて、しかも日々レベルが上がり続けている。描く側からすると、地獄に近いほどの苛烈な競争社会です。青天井といっていいほど努力しても、ついていくのがやっとか、むしろ引き離されていく。



■ 現代日本のオタ絵界は 下手すると人類史上もっとも激しくつばぜり合いしている

「そのへんの、絵が得意なバイトのお姉さんを連れてきて、絵を描かせたら、半プロレベルで上手かった」

普通にありそうな話ですが、ひょっとするとこの話がリアリティを持てる地域は、全世界、全時代を通して、現代の日本しかないのではないでしょうか。

もちろん本格的に描いている人は、どこの国や時代でも上手いでしょうが、別に専門教育を受けてもないし、趣味でちょっと描いてるだけなのに半プロレベル。そんなのが無数にいる。普段は意識しませんが、すごく珍しい世界だと思います。

競技人口と平均レベルの掛け算で見たら、下手すると現代日本は、人類史上もっとも激しく絵のつばぜり合いをしているのではないでしょうか。
実際、ここ20年くらいのオタク界の絵のレベルの上昇速度は、世界の上昇速度を上回ってるでしょう。世界レベルでのつばぜり合いより、日本国内のつばぜり合いのほうが激しいと自分は考えています。



■ 似た世界:和算

個人的に似ていると思うのは、鎖国下の江戸時代で日本独自に発達した数学「和算」です。

今では信じがたいですが、江戸時代は数学が大ブームで、多くの庶民が数学を楽しんでいました。
なにしろ日本中で数学をやっていたので、競技人口が非常に多く、レベルの底上げも激しく、頂点層の実力はきわめて高いものとなっていました。
世界的な数学の大発見を、何十年も前に鎖国下の日本人が独自に発見したケースもいくつもあります。世界的なつばぜり合いより、国内でのつばぜり合いのほうがよっぽど激しかったのです。

その後、ペリーが来て開国するわけですが、野蛮な未開の国だとナメきって乗り込んできた外人たちが、その辺の庶民が専門家レベルの数学を理解する姿を目の当たりにして、度肝を抜かれたとか。



■ インターネットと「学習の高速道路」(1) 将棋の世界では

近年の絵のレベルの底上げの原因は、まず間違いなくパソコンとインターネットの普及にあるでしょう。
将棋界でもレベルの底上げが起こっており、棋士の羽生善治さんはそれを「学習の高速道路が敷かれた」と表現しました。

・パソコンの普及で棋譜検索が簡単になった。
・そのことで将棋そのものが整備され、体系化されていった。
・良質の教本やレファレンスが増え、効率よく学習できる教材が充実していった。
・「ネット将棋」が出現し、地方在住でも強豪(プロ含む)と対戦できるようになった。

それらの相乗効果で、恐ろしいまでにレベルが底上げがされた。



■ インターネットと「学習の高速道路」(2) 絵の世界では

絵の世界でも、ほぼ同じことが起こっています。

・パソコンやネットの普及で、良質の絵、作者を探すのが簡単になった。
・描き方そのものが洗練され、立体的に進化していった。
・ネットに絵の講座が充実し、市販の技法書をピックアップする仕組みも発達した。

また絵の世界も、ネットにより全国区の戦いになりました。ネット以前では、絵におけるライバルは、学生なら近郊の学生、社会人でもリアルで足を伸ばせる範囲の人に限られていました。しかしネット以後、戦いの場は全国に移り、ライバルの数は想像もできないほど増えました。
以前は超レアキャラだった超上級者(プロ含む)とも普通にでっくわすようになりました。それ以前とは比較にならない超激戦区になったのです。



■ 底上げの行きつく先は……?

この流れの行き着く先はどんなところでしょうか。
バイトのお姉さんが寺田克也なみに描けるような世界なのか。
それとも和算のように衰退してしまい、後世の人には異常極まりない世界と認識されるのか。

振り落とされないように頑張りつつ、なるべく現場で見届けたいと思います。
111212 ストパン

「ストライクウィッチーズ」 (以下「ストパン」) DVD1巻を借りてきました。

見る前は正直、ズボン(パンツ)がちょっと嬉しいだけのネタアニメだろうと見くびってましたが、僕のようなくたびれたオッサンの需要に合わせて、きわめて高度なバランスで成り立った傑作だと認識を改めました。



■ ストパンとストーリー

近ごろは、女の子はかわいいけどストーリー性が希薄な「萌えアニメ」が隆盛です。
なぜこれほど流行ってるのか、共感できた説を自分なりに要約すると、

「仕事や生活で疲れて帰ってきて、将来も不安だらけで、プライベートタイムでまで重い話なんか見たくない。BGVにしても疲れるし。せめてプライベートでは萌えアニメのような軽くて楽しい話を見たい」


というもの。

社会全体のムードが明るかったり、刺激的な話を求めがちな10代のころなら、人が死にまくるような刺激的で面白いアニメが好まれるでしょう。
でももうそこまで元気もないし、そういうのはすでにひと通り見ちゃってて、今はむしろ心を動かされるのがかったるい。
でもオタ自体はやめられない。

その結果として、嫌なものが一切含まれていない「萌えアニメ」が求められているのだと思います。

 ~~~

ひとつ強調しておきたいのは、萌えオタもつまらない話を見たいわけではなく、できれば面白い話を見たいのでしょう。
でもそれ以上に「嫌なものを見たくない」気持ちが強く、「嫌なもの」を徹底排除した結果、ヤマなし、オチなし、悪人なし、男なしの話に行き着いたのでしょう。

だからもし、「嫌なものが全くない面白い話」ができければ、それがベストなわけです。
しかしストーリーの面白さとは、重い現実や葛藤と不可分。悪役にボロクソにやられたり、現実に叩きのめされたり、人に裏切られたりしない面白い話を作るのは、ものすごく難しい。

 ~~~

ストパンは、斬新な発想でそのウルトラCをやってのけました。

まず、常にズボン(パンツ)姿なので、現実性が根幹の所で崩壊している。
おまけに特にシリアスなシーンになると、無意味にねこみみが生えたりするので、心のどこかで「ああ、これはネタアニメなんだ」という視点を無意識に持ってしまいます。

そのことによって、作中で人が大怪我したり、モブが死んだりしても、穏やかな気持ちが揺らぎません。
しかし作中の現実としては大変ドラマチックな事になっているわけで、ストーリーとしての起伏や面白さはちゃんと出せます。

どこまで確信犯なのかは分かりませんが、この仕組みを考えた人は本当に天才だと思います。



■ ストパンの優れた点

(1)女の子がみんな個性的でかわいくてエロい
(2)重くなく気楽に見れる
(3)男のメインキャラがいないのでその手の騒動が起こる余地がない
(4)ストーリーも面白い


まとめると、このようになるでしょうか。

引き続き2巻以降も借りてきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。