FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ コーヒーまとめ

これまで飲んできたコーヒーの種類と、大まかなまとめを書いてみます。
お手軽 → 本格派 の並びです。



>出来合いのコーヒー

缶やペットボトルなどに入っている出来合いのコーヒーです。どこでも買えてすぐに飲めるのが魅力。ただ地味に高いので、毎日飲むなら下のどれかにした方が安くすむでしょう。

>インスタントコーヒー

顆粒にお湯を注ぐだけでできるお手軽コーヒーです。おすすめは「ネスカフェゴールドブレンド」。

>ドリップパック式コーヒー

袋の中に挽かれたコーヒー豆がセットされていて、お湯を注ぐだけでコーヒーができる製品です。缶コーヒーやインスタントでは不満だけど、本格的にやるほどでもないという方にベスト。「モンカフェ」がおすすめです。

>大手コーヒーメーカーのコーヒー豆

大手コーヒーメーカーが作っているコーヒー豆です。普通のスーパーでも買えて入手しやすく、値段もドリップパックより安いです。個人的に「キーコーヒー」の製品が好印象。

>喫茶店のコーヒー豆

喫茶店でもコーヒー豆を買うことができます。街の小さな喫茶店から大手チェーンまでいろいろ。理由はよく分かりませんが、豆を挽いてもらうと細かく挽かれます。

>コーヒー豆屋のコーヒー豆

コーヒー豆専門店で売っているコーヒー豆です。味は一番いいですが、値段も一番高く、本格的にやりたい方向け。店によって個性があるので、いろいろな店に行ってみるのも楽しいでしょう。

>ネットのコーヒー豆通販

自分は未体験です。いっぱい飲む方や、コーヒーミルを持っている方、近くに豆屋がない方などに向いていると思われます。



■ おいしさ

上の項の並びは「手軽さ」順ですが、「美味しさ」もだいたいこの並びになります(下に行くほど美味しい)。ただし製品によって当たり外れがあるため、多少前後することもあります。
どちらかというと販売形態よりは「値段」の方が直接味に響く印象もあります。安いコーヒー豆より高級ドリップパックのモンカフェのほうが美味しいと自分は思いました。



■ まずい豆も飲んでるうちに慣れる

中には「ハズレ豆」もあります。しかし飲んでいるうちに慣れてきて、飲み終わる頃には「むしろ美味しいんじゃない…?」と思ったりもします。まずい豆は使い切った時に達成感があるので、ある意味精神的には一番おいしいかもしれませんw
■ はじめに

2ちゃんねるに「面白いWEB漫画スレ」はよく立ちますが、「完結済みWEB漫画スレ」は全然立たないので、自分でまとめてみました。100ページ以上の作品限定です。完結時期順で並べています。

パッと思いついたのを簡易的にまとめただけなので、
「なんでこれがねえんだオラァ!」
というツッコミをいただくことと思いますが、そういう方は自分でスレを立てると吉。



DUDS HUNT

約150P (2002/09/21~2002/12/21)

参加者同士で狩り合う謎のゲーム「ダズハント」を題材としたバイオレンスアクション。画力・話力ともにどう見てもアマチュアの域ではなく、その後作者はプロに転向。国内のみならず海外でも高い評価を受けているようです。同作品はその後商業単行本にもなりました



格闘の丼

約500P (2004/11/15~2005/03/18)

新進気鋭の格闘家を主人公にした総合格闘技漫画。WEB漫画黎明期の超話題作。ヘタウマかつシュールなテイストは電子ドラッグの域。次回作の「恐怖!離島のベルボトム」も男前すぎます。



燃えないゴミ

約350P (2006/03/17~2006/08/06)

「ゴミ箱」と呼ばれる並行世界に落とされた少女たちのバトル漫画。現在「バクバクバク」を大人気連載中のγ‐γ先生の初期作品。当時から漫画力が非常に高く、かつて新都社で泣ける漫画の話になると必ず話題に上がっていました。



カテ☆パラ ~家庭教師パラサイト~

約200P (2005/07/23~2006/08/08)

公務員試験浪人が女装して家庭教師をするお受験コメディ。ギャグあり、萌えあり、実用性ありで非常にバランスよくまとまった秀作。そしてみやこ先生が後半かわいすぎるw 個人的にもっとも読み返してるWEB漫画のひとつ。





約150P (2006/10/04完結)

謎の転校生「麻野雀」を軸にした麻雀漫画。「平穏世代の韋駄天たち」の天原先生のWEB漫画デビュー作(合作除く)。天原先生の彗星のごとき登場は自分を含め当時の全ワロサーに衝撃を与えました。次回作の「宇宙電波と交信中」も秀作です。



ビッパーズ

約750P (2005/04/17~2007/04/15)

近未来パワードスーツバトル漫画。初期新都社を代表する名作との呼び声高い作品。連載初期は現在の基準からすると若干荒いですが、連載中の成長っぷりが尋常ではなく、完結後さらに進化して最新作「ZELBESTY」ではさらなる高みへ。



魔道

約3350P (2003/07/04~2008/04/07)

圧倒的な魔法の才能に振り回される少女の話。ファンタジー漫画。連載5年、全3326ページの大長編です。同作品のリメイクで商業連載も果たしました。質・量ともにWEB漫画のひとつの到達点といっていいと思います。現在は拳道を連載中。
※文字が横書きですが、コマの進み方はジャンプとかの漫画と一緒です。



She’s

約400P (2007/04~2008/07)

貧弱な主人公と、たくましすぎる女の子「剛毅さん」のお話。ラブコメあり、シリアスあり。花山薫と愚地独歩を足しっぱなしにしたような剛毅さんのキャラが秀逸。当時から画力・話力ともに非常に高いと定評のあった作者ですが、その後めでたくプロデビューされました。



メンヘラちゃん

約300P (2010/03/14完結)

文字通りメンヘラな女の子「メンヘラちゃん」の4コマ漫画。メンヘラあるあるネタもあれば泣ける話も。かわいい絵と繊細な感性、キレのあるギャグが高いレベルでまとまった秀作です。読破後に作者のプロフィールや日記を見ると驚くと思いますw



■ 手前味噌になりますが……

同人王

約500P (2006/12/04~2010/10/20)

拙作です。才能のない元漫画家志望が同人王を目指す物語です。
ネットの言論の傾向として、ニュースなりなんなりの素材に対して、ほとんど考察を加えないまま直感的に最終結論を下しがちです。
直感的な結論なので素人にも分かりやすいし、インパクトもありますが、深い考察がされてないので明らかに間違った判断も少なくありません。意図的なデマも多いです。
また、ネットはどんな人間でも自由に発言できるので、様々な立場からの発言があり、一見、意見に多様性が出そうに思えますが、不思議なことに多様性はほとんどありません。

結果、どうなるかというと、
「直感で下した信ぴょう性の低い最終結論を、なんども繰り返し刷り込まれる」
ことになります。

加えて、ネットではなぜか、
「ネットが一番信頼できる情報源で、他の情報源、特にテレビは絶対に信用してはいけない」
という風潮があります。

一回や二回言われるくらいならいいですが、毎日ネットをやってると、なんだかんだで週1~2回くらいのペースでそういう意見を見るため、警戒してないと、だいたいその流儀に洗脳されてきます。
分かりやすい例としては、政治に全く興味のない青年層がネットにはまると、大体マスコミを批判するネトウヨになる。

右傾化の是非や、マスコミ論は本稿の趣旨ではないので置いといて、僕が言いたいこととしては、

「自分たちだけが正しくて、世間は間違ってる。信じるな!」と言いつつ、
「浅くて直感的な最終結論」を「くり返し刷り込む」ってのは、
どこかの新興宗教に似てやしないかと。

例に上げた「右傾化」とか「マスコミ不信」くらいならいいんですが、もっと本質的で影響の認識も難しい「人生観」「世界観」に変な刷り込みをされちゃうと、すごく厄介なのではないかと感じています。
■ 基礎書を読みつつ仲間に聞く

ハウツー本を読むとすぐにでも上達できそうな気分になるのですが、実際は独習で一定以上のレベルに行くのはなかなか難しいところです。
かといって我流でやるともっと上達しない可能性大です。どのジャンルにおいても我流は最弱の流派です。
コーチに教われればベストですが、お金もかかりますし、なかなかできることではありません。特に創作活動では独習が基本になるでしょう。

自分はシナリオの勉強に力を入れてきました。いろいろやってみて、効率的だと思ったスタイルは、
「定番の基礎書で独習しつつ、自分より上手い仲間に聞く」
です。

ハウツー本での独習は変わらずですが、「仲間」が加わることで、一人よりはるかに効率的に学べます。
一人ではわからないところも、仲間に質問すれば中身のある答えが返ってきます。その時は解決に結びつかなくても、あとで生きてくることも少なくありません。
仲間にコーチになってもらうのはムリでも、基礎書に大体のことは書いてありますので、基礎書で勉強の8割を埋めて、残り2割を仲間に補完してもらう感じだといいかも。

自分はシド・フィールドのシナリオ技法書で勉強しつつ、WEB漫画、特に新都社の仲間に話の作り方を質問しました。コミュニティだとこの辺が強いですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。