FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同人王

コメントレス更新しました。
あと、ブログを更新したら自動的にツイッターに投稿するように設定してみましたのでそれのテスト。
行ってきました。

DVC00099_20100520122330.jpg

写真だと大きさが伝わらないんですが、実際に見るとあまりにでかすぎて、大仏のあたりだけ遠近法がおかしいです。
全長120メートルとのこと。

 ~~~

イメージ検索で、結構すごさが伝わる写真が出てきました。

牛久大仏記事1

車で走ってると、森の中に突然頭が現れて、さらに近づくと今度は霞がかった上半身が見えて、
「これ、もしかしてとんでもなくでかいんじゃ…?」
と圧倒されます。

牛久大仏記事2

東京からも見えるらしいです。

 ~~~

DVC00104.jpg

あと、池の鯉が面白かった。しかしこれも僕の写真だと何がなにやら。

牛久大仏記事3

ここの写真だとわかりやすいかもしれません。

 ~~~

「コーヒー豆を」

DVC00081.jpg

窓辺で乾燥させて、祖母に渡してます。園芸用の肥料。

 ~~~

「今日の飯」

DVC00088.jpg

同人王46話完成後、朝ガスト。パンケーキウマー
「単行本化作業」

朝6時起きして、朝食等までの時間で単行本化作業を進めてます。

 ~

印刷していただく予定のポプルスさんに、
「B5原寸の原稿をB6版に縮小印刷するとモアレが出るから、原寸で描いて」
と言われているのですが、すでにB5原寸でかなりの枚数描いちゃってるんで、ちょっとムリポ。

 ~

同人王のアナログ時代は、印刷のことを全く考えておらず、150dpiスキャンなので、単行本用に200ページ近く、

再スキャン → 再仕上げ → 再写植

しないといけません。

本当は、スキャンしたらゴミ取りとかしないといけないんですが、200ページとかゴミ取りしてると、本編を進める時間も使わないと絶対終わらないので、ゴミ取りも、モアレもあきらめて、いろいろ見切ってとりあえず読めればいいや的なスタンスで行くしかないのかもしれんす。

あと、次回作を描くのなら、B6原寸で描いた方がいいかもしれませんね。時間も容量も節約出来そうですし…

 ~~~

「Pixelさん」

洞窟物語のPixelさんのインタビューがいくつか。

[NC US] Cave Story - Developer's Voice

動くPixelさんを見れてジョリーグッド。外人さんはWii ware版の開発者らしいです。

洞窟物語のPixelへインタビュー

知られざるPixelさんの姿が!

 ~~~

「棒読みちゃん」

twitterで、
「twitterのTLををゆっくりが読んでくれるソフトはない?」
と聞いたところ、速攻で教えていただけました。

棒読みちゃん

tweenの画面を見ずに済むので、わりと便利です。

 ~~~

「ツイッター&ツイログで時間管理をする方法」

http://www.wakatta-blog.com/post_424.html

ツイッターだとセキュリティ的に微妙なので、自分宛にメールを送るとかでもいいのかも。

 ~~~

「WEBでの発言が進化しないのはなぜ?」

芸事は続ければたいてい上達します。絵も漫画も描き続ければ上達します。しかし、ブログもツイッターも、ずーっと続けてるのに文章が全く進化しません。面白くも深くもならない。なぜぇ!?

 ~~~

「デジタルフォトフレームが」

ほしいです。しかし1万円強払ってまで買う必要性が全くないので買えません。

 ~~~

「寝る直前まで」

パソコンつけてると、安眠に良くないらしいので、早めにパソコン落とそうかと。

 ~~~

長くなったので、とりあえずここまで。
同人王

46話8ぱげ、同話完結しました。
同人王 FA8

FAいただきました! ありがとうございます(`・ω・´)
「MAG・ネットの東方特集見た」

「MAG・ネット」の東方特集を見ました。個人的に、ZUN氏の制作ポリシーが印象に残りました。

以下の文は、東方シリーズをまともにプレイしたことのない非東方住人が書いてますので、東方ファンの方は生暖かく見守ってください><

また、元映像はこちらで見られます






■ 高いコストパフォーマンス意識

東方の作曲は、一曲3~4時間くらいで終わらせるそうです。それ以上かかりそうなら諦めてるとのこと。

「作曲を短い時間で終わらせられれば、その分他のクオリティを上げられる。もっと時間をかければよくなるだろうが、ゲームとしてみると必要性を感じない」



絵に関しても近いスタンスで、下描きなしに鉛筆でスラスラ描くところをバックに、以下のようなコメントが。

「大事なのは短時間で描けること。それがゲーム作りの命。多少絵のクオリティが落ちても、最低限見た感じ『これが必要だ』くらいの絵が描けてれば、ユーザーは遊べる。“クオリティ”と“作業時間”のバランスが一番いいところを探す。それがたぶんゲームにとって一番いい」



ZUN氏はあまりに独自の作品を作っているので、てっきり芸術家肌の人かと思ってたのですが、実際はコスト意識が非常に高く、割り切るところはすっぱり割り切るタイプの人でした。だからこそ、あれだけ安定して生産できるのでしょう。




■ でも、根本的なところでは芸術家肌

「コスト意識」を突き詰めていくと、
「この作品を作ることで、自分にどんな得があるのか?」
というところに行き着きます。
しかしZUN氏は、「得だからつくる」のではなく、「自分の芸術のために作る」タイプに見えます。

そういう「芸術家タイプ」は、コストを無視した完璧主義的な方向に行きがちなのですが、ZUN氏はそうでもない。割り切るところは割り切りすぎなくらい割り切ってる。
その辺のバランス感覚がちょっと不思議ですし、そこがかなり強みになっているような気が僕はします。




■ アマチュアイズム

ZUN氏は、絵も音楽もプログラムも、本人いわく“真面目に勉強したことがなく”、独学だそうです。

「素人っぽくなるとは思うけど、独学の方が愛されるんじゃないですかね。プロっぽい人はいっぱいいるから、(結果的に)個性が薄くなってしまってる」



この辺に、アマチュアイズムの真骨頂があると思います。

芸術教育を受けないからカッチリしない。
割り切るところは割り切っているから、明らかなほどの上達もない(失礼)。
しかしそれが、誰にも似ていない「個性」と、「味」と、「安定生産」に繋がっている。

「技術的にしっかりしたものを作る、上達する」
という、商業的な方向で見た場合、ZUN氏の向かう方向は、あまり目指すべき道とはいえないですが、
「独自の芸術を表現し続ける」
という、芸術家的な方向で見た場合、非常に理にかなったことをやっている、

また、そういう「社会的成功と無縁の芸術家ベクトル」に突っ走って、逆に商業作家以上に大成功してしまったのがZUN氏ともいえそうです。
同人王

この間の合同誌のみつどもえ漫画うpしました。
kuro先生からFAいただきました。あざっす!
コメントレス更新しました。
ブログを日刊更新したことで、「日記を書く」習慣がつきました。
最近はブログではなく、オフラインの自分用日記に日々のあれこれを書いています。

しばらくは、ヒマができる度に、パソコンのテキストエディタを開いて、起こったことをリアルタイムで書いていたのですが、これだと僕の場合クソ長くなってしまいます。書くのに時間もかかるし、あとで見返す気にならないし、詳細すぎて逆になにがあったのかよくわからない。

最近ではちょっと趣向を変え、エクセルで表を作って、そこに出来事を簡単に書いています。
この「表日記」形式は、つづけやすく、かつあとで見てもいい感じ。今年の1月から現在まで続いています。

一週間日記

こんな感じです。これをプリントアウトして使ってます。

一週間日記2

実際はこんな感じ。紙の大きさはA4版です。

この方式で大体満足なんですが、不満点としては写真も載せたいですね。

 ~~~

続いてるといえば、家族用に僕が野菜おかずを一品作る習慣も結構続いてますね。
1年くらい続いてるかと思ったんですが、確認してみたら去年の7月からでした。
というか、当時の方がいい感じの料理を作ってたような…うむむ……

DVC00064.jpg

丸亀製麺のうどん。安くてうまい。最近のうどんチェーン恐るべし。

 ~~~

とらのイカ同人をどうするか問題。破棄してもらうことも考えたんですが、これからイカがアニメ化で、新規需要が出そうなので、引きとって、アニメ化後開催のイベントで手売りするのがベターでしょうか。
まあ、例によって参加すると逆に赤字になってしまうのですが、いつものことw

 ~~~

今日中に1ページ描いて、5ぱげしたいす。
(100501)竹本イカ

うじゃうじゃ。

 ~~~

kuro先生からFA頂きましたあざっす!!!!!!
http://yw.vipdoor.org/up/src/up0524.png
(追記)勘違いで少し部数が違ってので修正しました。

「イカ委託終了」

とらに委託していたイカ娘同人が委託期間終了しました。
余っちゃったので、今後イベントで手売することもあるかもですが、イカに関してはもう総括しちゃってよいでしょう。

 ~

売り上げから申しますと、

DLsite.com:36部
DMMアダルト同人:1部
ぷにケット:18部
とらのあな:21部

計76部です。

総売上は30400円。

 ~

経費とかを差っ引いた純益は、

デジ同人は37部売れて、経費はなし。
14800円の黒字。

オフ同人は70部刷って、39部売れて、余りとかが31部。
売り上げは15400円だけど、印刷代が19806円なので、
合計で-4406円の赤字。

なので、本に関する純益は10394円
イベント代とか電車賃とか全部ひっくるめて、数千円の黒字になります。

 ~

どうですかねー 僕の実力と、題材のマイナーさを考えると、計76部というのはかなり頑張ったと思います。皆様ありがとうございます。

ただまあ、好きじゃなければやってらんないなともちょっと思いましたねw
僕程度の実力だと、言い方は悪いですが「お小遣い稼ぎ」と考えると割が合わない。何十時間もかかってますからねー

 ~

オフ同人は赤字になってしまいましたが、これは突然とらのあなさんに卸すことが決まり、増刷したからで、はじめから70部刷っていれば、同数余っても黒字でした。
ただまあ、どっちみち在庫は余っちゃってたので、この在庫どうしよう的なところはありますけどね……

オフ同人は難しいですが、それでもなんだかんだでデジ同人より売れましたから、デジ同人専門の方は、デジをオフでも売ってみてもいいんじゃないすかね。もう作品自体はあるわけですし、オンデマンド印刷ならリスクも低いですよ(特に首都圏の方は)。

あ、オンデマンド印刷なら、ポプルスさんわりとオススメです(お世話になったのでさりげなく宣伝)w 宅急便の品名だかのところに同人誌のタイトルを書くのだけはやめて欲しいですけどね!

 ~

あとはそうっすねー
「とらに委託すると、イベントの4~5倍売れる」
という話を聞いていましたが、結局、イベントとほぼ同数しか売れませんでしたねw

まあ今回は、とらにおかれたのがそもそもはじめてですし、委託したのが50部弱で、少なすぎたせいか店頭には置いてなかったみたいですし、常連になってもっといっぱいおろせば、噂通り4~5倍売れるのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。