FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むかし管理していた絵の練習サイトで、
「お絵描きマラソン」という企画を
やっておりました。

参加者を募って、毎日の絵の執筆時間を
測って、週ごとに執筆時間ランキングを
発表するというものです。

 ~

↓のサイトを見て、これをちょっと改良した案を
思いつきました。

>プログラミングの学習は、「1,000時間シート」を使えば挫折しない。
 http://pgtop.net/category/6471224-1.html

 ~

名づけて、「1000時間お絵描きマラソン」

旧オエマラはゴールがありませんでしたが、
今案では、1000時間をゴールとします。

ゴールを目指して、1000時間シートに
毎日練習時間を書き込んでいきます。

前はマラソンと言いつつ、リタイヤしか
終わる方法のないデスロードでしたが、
今回はゴールが設定されたことで、
マラソンっぽさが増しましたw

 ~

実際のマラソンにも、
フルマラソン、ハーフマラソン、
10キロ走、5キロ走など、
いろいろな難易度設定がありますし、

オエマラにも、1000時間がフルマラソンなら、
500時間コース、200時間コース、
24時間コース等、いろいろなコースがあれば、
より面白いかもしれません。
同人王

サイトをリニューアルいたしました。

 ~~~

コミスタのネットプリント機能で、みつどもえの同人をセブンイレブンで印刷しました。
…なぜか、集中線とかがでない。

どうも、「下描きレイヤー」になってると、家のプリンタでは印刷できても、ネットプリントだと印刷できないようです。ネットプリント使う方は注意。
みつどもえ同人終わりました。丸4~5日かかりましたw 友人間での評判は悪くないようで一安心。
とりあえず同人王#45再開します。明日は日曜ですし、実況配信でもしたいですね。

 ~~~

「料理関係話3連発」

毎月恒例の料理教室ヘ行ってきました。終わった後、お仲間の爺さんたちの雑談を聞いていたら、
「(自動車の)高齢者講習とか、宇宙にいくくらい先の話だと思ってたんだけどなぁ…」
と言っていて、そういうものかと、なんだか地味に衝撃を受けました。

そのことを、仲の良いKおじいさんにふってみたところ、
「自分も若い頃、60くらいで確実に死んでるだろうと思って、期間の短い保険に入ったが、もうすぐ80で、保険の期間が満了してしまいそうだ」
と言っていました。

僕や、僕の周りの友人も、自分は5~60で確実に死ぬだろうと思ってるでしょうが、案外長生きするかもわからんね。

 ~~~

野菜炒めや野菜スープを作るときに、「味覇」とオイスターソースだけで味付けすることが多かったのですが、今日、ふと思い立って、塩コショウ醤油をいれて、味覇とオイスターソースの量を減らしてみたところ、さらに美味しくなりました。ランニングコストも下がってジョリーグッド。

 ~~~

ドリップパックコーヒー、3~4種類試してみましたが、モンカフェが最強っぽかったです。普通にいれたコーヒー並に美味しい。値段も一番高いですが。

 ~~~

「ニュスー」

プロの仕事を拝見!マガジン連載の漫画家が作画風景を動画サイトにアップ

やはりプロはすごい。細かすぎる…
チェ・ゲバラが言った場合。

AA1.gif

なるほど、さすが歴史的大人物。

 ~~~

イカ娘が言った場合。

AA2.gif

…お前それ、エビを食べるための言い訳?

 ~~~

重要なのは、
「なにを言ったか」ではなく、
「誰が言ったか」なんですねわかります。

…などという結論すら、小難しいことをいう
イカ娘の可愛さの前ではどうでもいい。
今度のみつどもえオンリーで、友人たちと出す合同誌の原稿を描いてます。
全3ページですけど、コマ数が多い…
わりと自信作ですので、イベントに来られる方はお手にとってくださると嬉しいです!
まだ抽選の結果すらわかってないんですがw

100215)みつどもえ合同誌寄稿b

みつどもえの絵はわりと僕の絵に近いので描きやすいお。
知人の同人作家さんにご厚意でいただいたエロ同人を2本紹介。
許可取らないで紹介しちゃってるけど大丈夫だろうか(´・ω・`)

 ~~~

囚われの身

以前、くのいち同人の記事をうpしたとき、
「僕もくのいち同人を作ってるんですよ。お互いがんばりましょ~」
みたいなことをおっしゃっていただいたのが昨日のことのようですw
それからしばらくまごまごしていたら、すっかり先をこされていまいました><

というか、これは僕が出しても勝てませんわ。
絵、エロ、テキスト、ボリューム、シチュエーション、声。全てが5ツ星です。
この切り口のエロ同人として、完璧な作品といっていいと思います。

実際、すごい勢いで売れてますし、評価も異常なほど高いですし、
くのいち好き、陵辱好き、絵が気に入った方は、即買いでいいと思います。

 ~~~

不良少年女体化更生記

これもすごく気に入ったのに、うっかり紹介し忘れていました(すみません><;)

この同人もすごくいいです。
「暴れん坊の不良少年が、謎の儀式で女体化させられてしまい、以後、陵辱の限りを尽くされる」
という内容。
その話だけ聞くと、
「不良少年の女体化じゃあ、萌えないなぁ」
と思われるかもですが、実際見ると、もっとすごい狙いがあることがわかります。

「男はオナヌーの時に、実は女のほうに感情移入している」
…という説、男だったら意外とわかっちゃったりしませんか?w 一見男に感情移入しているようでいて、心のどこかで、犯されている女性のほうに感情移入しているとき、ありませんか?

この作品でやろうとしているのは、まさにそれなんですよ!
男として理解できるけど、誰も着想できなかった斬新かつ鋭い切り口を、高い水準でまとめた傑作です。
114.

背はあんまり高くはなかったんだが、
無茶苦茶美少女で頭も性格もいい、ってのがいた。
中二に上がってすぐ、クラスにいたDQNがオタクをいじめだしたんだが、
その娘がオタクを庇ったんだ。付き合ってた訳でもないのに。
普段おとなしかったから、自分達に敢然と立ち向かってきた事に、
DQN達も最初はびびってたが、そのうちDQN達が、
要約すると「オッパイとマンコを見せてくれたら止める」とか言い出したんだ。
するとその娘は、ブラウス(夏服ね)のボタンを外して、
ブラジャーを外してパンツを脱いだ。
大事な所をクラス全員に見られて堂々と立っているのは、
まさに神としか思えなかった。
そしてクラスからいじめが無くなり、
俺はその時見たものが今でも頭から離れない。

この話には続きがある。
その後、クラスから孤立してたオタクはその美少女とよく喋るようになった。
漏れ聞こえる話によると、オタクが手作りしたコスプレ衣装を、
笑いながら着てくれたらしい(美少女はオタクではなかったが、
そもそもオタクだのコスプレだのはよく分からず、
可愛い服という認識しか無かったみたい)。
そしてオタクはどんどん明るくなっていった。
丸まっていた背中が伸びると結構背があり、
身だしなみに気を使うと見られる顔になっていった。
そしてオタクはどんどんイケメンになっていった。

結局この二人が付き合っていた訳ではないらしいが、
何だろう、この敗北感。

 ~~~

なんというタケオと肉先生。
人類は空想に支配される
ナポレオン

 ~~~

ナポレオン先生の名言金言のおかげで立派な軍曹になれたのでやめます。
最も大きな危険は勝利の瞬間にある
ナポレオン
約束を守る最上の方法は決して約束しないことだ。
ナポレオン
友人が一泊二日で旅行に来るので、レス等止まると思います。

 ~~~

「宣伝」

星影神楽

古くからの知人(というより師匠?)is氏が、DLsite.comで新作エロゲを発表されました!!
テストプレイで触らせていただいたのですが、さすがはプロ。ケタ違いのクオリティに漏れそうになりました。というかちょっと出ました(©おとまかす)。プロは化物ばっかりで恐ろしいですよホント…
スバ抜けた実力で、すごく良心的なつくりをしていて、かつこのお値段。良心的な一本だと思います。オススメ!!1

 ~~~

「WEB漫画」

ラブタ

クール教信者先生の新作ラブコメ4コマ。僕の中で大ヒットですね!! やっぱりキャラがいい漫画は面白いし魅力的です。

 ~~~

「ニュース」

小児用PASMO

僕の中ではらき☆すた絵より萌えますね!!!

 ~~~

「ニコニコ」



浜田先生のデジタル絵制作工程動画はいろいろありますが、ついにアナログ絵の製作工程が!
僕がよくブログに書くこの手の文は、要するにポエムな気がしてきた。

 ~~~

持ち込んでフルボッコにされたとき、当事者は、編集にボコられてると思うでしょうが、実際は、編集者の背後にいる、超上手い同業者と戦っています。

漫画歴の浅い凡人が、(編集者の背後にいる)天才や、人生漫画しか描いてこなかったような漫画廃人とガチバトルすると、がんばっても、大抵は一方的にボコられます。
そういう状態だと、がんばって持ち込んでも、ボコられた印象しか残らず、強くなる糸口はなかなかつかめないと思うんです。
ゲームでもスポーツでも、あんまり実力差のある相手と戦っても、一方的にボコられるばっかりで、ほとんどなにも学べません。それに近いんじゃないでしょうか。

持ち込みはじめて、わりとすぐ担当がつくならいいんですが、5回くらい持ち込んでるのに、毎回フルボッコにされるようなら、まずは、もうちょっと弱い相手と戦って、何年か経験を積んで、成長してからリトライした方がベターな気がします。

 ~

そういう人に向けた場が必要なんです。
漫画に限らず、どんな分野においても、「弱者のための場」「初心者のための成長の場」は、用意されるべきだと思います。

 ~

理想的な「弱者のための場」は、「ヌクモリティな場」ですね。
具体的に定義するなら、

(1)総じて、そこまでレベルは高くないが、才能のある人もいる
(2)低レベルな作品でも参加できる
(3)低レベルな作品でも、そこそこの報酬をもらえる
    ※報酬:多数の感想、もしくは現金収入

この定義に完全に当てはまっていたのが、初期の新都社。実際、超成長した作家が何人もいます。

 ~

ただ、こういうヌクモリティな場は、「おいしい」ので、どんどん人が集まってきます。結果、数年もたつと技術インフレが進んでしまい、ヌクモリティが消滅してしまうんですよね… ニコニコとかもそうです。
(この辺は、別のコラムで書いてみたいです)

いい場は、作ろうと思って作るのもなかなか難しいし、その辺が問題です。
こればっかりは、「ツメをとぎつつチャンスを待って、面白そうなら即参加」しかないんですかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。