FC2ブログ
その辺の漫画描き「牛帝」のポータル的ブログでした(引越しました)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。



去年の今ごろは、もうすぐ30歳を迎えることもあり、「20代はまるまる漫画に使ったので、30代はボーナスステージのようなもの。お金とか成功とか考えず、描きたいものを描いて、適当なところで漫画は終わろう」と覚悟を決めました。

しかし、『電脳マヴォ』への参加がターニングポイントとなり、かつてないほど漫画関係で動きがありました。その流れは続いていて、今年は勝負の年になりそうな気がします。成功するにしろ失敗するにしろ、進むにしろ退くにしろ、来た波にしっかりと対峙し、悔いのないよう精一杯描いていきます。
数年前に新都社週刊少年ワロスなどで活躍していた作家さんのその後を追ってみると、だいたい以下のパターンに収束している印象です。



(1)WEB漫画継続組(サイトそのまま)

当時と変わらず、新都社や週刊少年ワロスで描き続けているパターンです。当時の連載がそのまま続いている方が多いです。


(2)WEB漫画継続組(サイト変更)

WEB漫画を描き続けているものの、掲載サイトが異なるパターンです。自サイト移行組と、他の漫画コミュニティ移行組にわかれます。


(3)同人活動移行組(COMITIA派)

一般向けの創作ジャンルで活躍しているパターンです。ほとんどがCOMITIAに吸収されます。


(4)同人活動移行組(デジ同人派)

DLsite.comなどのデジ同人サイトでアダルト作品を販売しているパターンです。大手になった方もいます。二次創作が有利な世界にもかかわらず、創作ジャンルで活動している方が多いのも特徴です。


(5)同人活動移行組(その他)

一般向けの二次創作で活動している方が多いでしょうか。発表場所はネットの場合も、同人誌の場合もあります。


(6)プロ・プロ志望組

商業作家として活動をはじめたり、そこを目指して持ち込みや打ち合わせを頑張っているパターンです。


(7)引退・消息不明組

ふっつり姿を消してしまうパターンです。ひょっこり戻ってくる方もたまにいます。



どれかに完全に移行するパターンもありますし、複数種をミックスしているパターンもあります。
やる夫スレまとめ読み的なiPhoneアプリがあったので入れてみました。いい感じです。というかいい感じすぎて、無料ストーリー系コンテンツのフォーマットとして、WEB漫画やWEB小説より優れてるのでは?とすら思いました。

・面白いエピソードがたくさんある
・更新が早い
・完結率が高い
・キャラが立ってて魅力的
・視認性が高く読みやすい
・データ容量が軽い

などが長所です。

 ~~~

やる夫スレと比較してみると、WEB漫画は『豪華版』という印象を受けます。キレイな絵がいっぱいで、視覚情報的には最高です。しかし全ての絵をひとりで作るため作業量が膨大で、負担の大きさに耐えかねて投げることも多い。データ容量が大きいため、人気が出てくると転送量問題も出てきます。
品質は素晴らしいものの、無料コンテンツとしてはオーバークオリティ気味で、作者にかかる負担が大きすぎるような印象もあります。

WEB小説にはこの問題はありませんが、パッと見た目の視認性の低さがネックです(小説を読み慣れてる人には問題ないのでしょうが)。

 ~~~

やる夫スレは上記の欠点をクリアしており、無料のストーリー系コンテンツとして理想的なバランスなのではないかとすら思いました。

しかし弱点もあって、版権キャラAA流用で成り立っている世界ですので、イチからオリジナルの世界を作ろうとすると、おそらくデメリットのほうが多くなってしまうでしょう。自分はオリジナル系の作家ですので、そこがネックです。

それでも、方向性としてはすごく良いと思いますので、やる夫スレのように比較的少ない製作時間(≒少ない作画時間)で視認性の高い新フォーマットができれば面白いかもしれません。

※『コミPo!』が一つの解ではありますが、これもオリジナルキャラを出そうとすると若干難しそうです。
小学校の夏休み、毎日RPGツクールをいじっていました。結局エターなってしまったのですが、なんとも楽しかった記憶があります。

それが、大人になった現在でも続いている感じです。作っているものはその時々で異なりますが(漫画、文章、ゲーム等)、「PCでなにかを作ること」は、20年間途切れていません。インターネットの登場も大きかったですが、根っから向いていたのだと思います。

今後は『総集編同人誌を作る』という工程も加えて、

・PCでなにかを作る。
・ネットで発表する。
・完結後、総集編同人誌を作る。

という流れでやっていきたい感じです。
友人からの質問があったので、レーザープリンタを使ったコピー誌の作り方(我流)をニコ動に投稿してみました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。